大人になっても結構楽しい・・・

海外旅行やネット通販に便利なデビットカード【もうひとつのクレカ】

クレジットカードの写真

海外旅行やネット通販に便利なデビットカード【もうひとつのクレカ】

 

オンラインショッピングにカード情報を入れるのが不安・・。

海外サイトの通販をしてみたいけれど、支払いが心配・・。

進んだ世の中になったけれど、ネットやスマホでカード情報を管理するのは、心配事がつきものです。

私はネット銀行やネット通販等、かなりネットを利用する方ですが、心配な時は「デビットカード」を利用しています。

 

クレジットカードの写真

 

デビットカードとは?クレジットカードと違うの?

 

デビットカード?聞いたことはあるけれど、どういうものか知らない人は結構いるはず。

あまりカード会社や銀行でも大きな宣伝をしていませんが、デビットカードとは、厳密にはクレジットカードではありませんが、クレジットカードの一種だと思っておくと分かりやすいです。

ビザやマスター、JCB等と提携していて、使用方法も普通のクレジットカードと全く同じです。

では、何が違うのかというと、引き落とし方法がちょっと普通のクレジットカードと違ってきます。

 

クレジットカードとデビットカードの違い

 

一般的なクレジットカードは利用限度額が決まっていて、ひと月分の使用額を各会社の締め日で〆た額が、引き落とし日に銀行口座から引かれます。

 

デビットカードの場合、使用したその場で、銀行口座から金額が引き落とされます。

〆日や引き落とし日の概念はありません。

銀行口座からその場で直接支払う感じですね。

 

クレジットカードだと限度額も決まっていて、大体100万円位が相場でしょうか。

お買い物する時は、口座の残高にかかわらず、限度額がいっぱいになるまで「信用」でお買い物できます。

蛇足ですが、クレジットの意味は、「信用」です。

更に、キャッシング機能もついていますから、別枠で現金の借り入れも可能です。

 

ただ、盗難の被害に遭った場合や、カード情報を盗み取られた場合の被害額が大きくなりがちです。

また、口座の状況と関係なくお買い物できるので、無計画に使い過ぎて、ふた昔前位は、自己破産が相次いでいました。

 

 

デビットカードの場合、使ったその場でお金が引き落とされます。

なので、もしも口座にお金がなかった場合はカードは使えず、引き落としもされません。

キャッシング機能もついていません。

口座にいくら残高があるのかを、常に把握していなければならない代わりに、万が一の時の被害額が少なくて済むようになります。

但し、デビットカードの口座に数百万も入っていたら、万が一の時の被害額は大きくなってしまいますけどね。

なので、私はちょっと心配なネットのお買い物や、万が一が怖い海外でのお買い物にはデビットを、ホテルやブランド等の安心できるショップの支払いはクレジットカードと使い分けています。

口座にたくさんお金を入れていなければ、被害額も少なくて済みますから。

 

因みに、クレジットカードはその特性からカードを作るのに審査がありますが、デビットカードの場合は、ほとんど審査はありません。

ブラックリストに載っている人でも、作れたはずです。

 

また、カードが不正利用された場合、補償サービスがついているものが大半ですので、安心ですね。

 

海外で使えるデビットカードのもう一つの特性

 

海外旅行の時、クレジットカードさえあれば決済が全部済むわけではありませんよね。

クレジットカードの利用もするけれど、現地の通貨も必要になります。

現地通貨は両替等をして手に入れますが、両替するのに手持ちの円が心もとない時や、両替できる場所が近くにない場合、どうしていますか?

もしもクレジットカードを持っているなら、「キャッシング」をすれば現地の通貨が手に入ります。

でも、引き落としまでに利息が付きますよね。

デビットカードの場合、ビザやマスターがついている現地のATMを利用すれば、現地の通貨で現金の引き出しができるんです。

 

これは、すごく便利です。

 

私も台湾へ旅行した時に使ってみましたが、日本と同じく使う事ができました。

デビットカードは一枚持っていると、本当に便利ですよ。

口座も、デビット用に分けておけば大金を入れておく必要もないですよね。

私は、海外旅行の時は10万位。

普段は3~5万位を入れています。

大きな買い物は、ポイントやマイルの還元率が高いクレジットカードを利用しています。

 

また、学生さんや子供に持たせる初めてのカードや、海外旅行に持たせるカードとしても最適ですね。

最近は海外専用のプリペイドカードもありますが、それだと国内で利用できないので・・。

 

 

デビットカードの難点

 

クレジットカードなら、デビットカードがあれば十分!

という感じで記事を進めてきましたが、デビットカードには、やっぱりいくつか難点があります。

 

1、 海外旅行時のデポジットでは使えない可能性が大きい。

 

海外旅行に行くと、ホテルでデポジットを要求されることがあります。

この時に、デビットカードの利用はほとんどできません。

 

デポジットとは保証金のようなもので、主に海外旅行時のホテルチェックイン時に要求されます。

一般的にはクレジットカードを使用し、請求書の預かりをしてもらいます。

何もなければ、チェックアウト時にカード明細は破棄となります。

 

クレジットカードがなければ現金を請求されますが、何もなければチェックアウト時にはデポジットは返金となります。

 

現金をデポジットとして入れる場合は、結構痛手な金額を入れなければならないことが多いのですが、クレジットカードだとそうでもないので、通常はクレジットカードで済ませます。

やはり、クレジットカードを持てるという事は、海外では大きな信用があるという事です。

なので、無審査で手に入れられて、口座残高がなければ引き落とせないデビットカードはデポジットには利用できないことがほとんどなのです。

 

2、ポイントの還元率が悪い。

 

クレジットカードは現金を持ち歩かなくてもお買い物ができること以上に、高いポイントやマイルの還元率も魅力の一つ。

 

デビットカードでも、各社ポイントやキャッシュバック等の特典がありますが、一般のそれと比べて、ものにもよりますが還元率が凄く悪いです。

デビットの場合、キャッシングやリボ払いもできないので、利息や手数料で信販会社が儲ける事ができないですから、これは、まぁ致し方ないですね。

 

私が持っているおススメデビットカード2選!

 

それではここで、私が実際に持っているデビットカードのご紹介です。

実は数枚持っていますが、現在使用しているのは、2種類のみです。

管理ができないので・・・。

 

イオンデビットカード

 

イオンデビットカードの写真

 

このカードはデビットカードですが、近くにイオンがあるなら、クレジットカードとの2枚持ちが絶対おすすめです!

デビットカードもクレジットカードも、「ときめきポイント」というポイントがつきますが、イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントは2倍となります。

イオンでのお買い物が日常の方なら、ときめきポイントは知らない間にどんどんたまっていきます。

ときめきポイントはそのままWAONチャージできたり、景品と交換できたり、JALマイルに交換できたりします!

さらに、お客様感謝デーには、ワオン支払いも含む電子マネーやクレジットでの支払いが5%オフになったり、ポイント〇倍デーのようなキャンペーンも数多くあるので、イオン系列でのお買い物が多い方は、絶対1枚は持っておきたい特典がいっぱい。

 

入会金や年会費も無料ですし、ポイントの還元率や使い勝手、更に、使い続けていくとゴールドカードへの無料ご招待等、小売り系のクレジットカードのなかでは、かなり優秀なカードです。

デビットカードは勿論持ちたい1枚ですが、公共料金の支払い含めたポイントの還元率や、夢のゴールドカードの招待への期待度からも、通常のお買い物はクレジットで、心配な時はデビットと、使い分けるのがおススメです。

 

こちらは、イオンクレジットカードへのリンクです。まだ持っていない方は、サイトで確認して1枚持つとお得ですよ。

デビットカードは下段のリンクからご確認ください。

イオンクレジットカード特典等をHPで確認してみる。

 

デビットカードに関しては、口座はイオン銀行限定となりますが、クレジットカードは今利用している金融機関の指定もできます。

『イオン銀行大丈夫?』という方もいらっしゃると思いますが、私は特に不都合は感じていません。

近くにイオンのATMがなくても、指定時間内なら「みずほ銀行」や「ゆうちょ銀行」での手数料は無料です。

 

デビットカードへのリンクは、こちらをご利用ください。

イオンキャッシュ&デビットカード公式へ

 

三菱UFJ銀行のデビットカード

 

三菱UFJのデビットカード写真

 

こちらは、超有名メガバンク「三菱UFJ銀行」のデビットカードです。

キャッシュカードとは兼用になっていません。

このカードの魅力は、やはり何といってもメガバンクのネームバリュー、これに尽きると言ってもいいでしょう。

 

2年目以降は年会費(1080円)がかかりますが、23歳以下の方や、前年にお買い物した額により無料になります。

 

JCBとVISAがあり、JCBはOKIDOKIポイントがつき、VISAの場合は、使用金額に応じてキャッシュバックがあります。

その他にも、VISAならではの優待が受けられたり、金融系らしい特典があります。

 

三菱UFJデビットカードのページへ

 

まとめ

 

今日は、デビットカードの紹介でした。

クレジットカードもデビットカードも、どちらもいい所があり、どちらもちょっと難点があるので、2枚持っていると、とても便利ですよ。

 

お金の管理は、減り具合も目に見えるので現金が一番という事もありますが、大金を持ち歩くのも嫌ですよね。

それに、カードのお楽しみともいえるポイントや特典が全くつきません。

このポイント、年間に直すとかなりな額になるんですよ。

学校の定期代等の大きな支出がある時は、私は絶対クレジットカードです。

 

ただ、何枚もカードを持つのは管理も大変だし、得策ではないですよね。

現金特典というのもありますから、それはそれで、色々と勉強して上手く使うのが良いんじゃないかと思います。

 

それではまた。