オシャレなガーゼのブランケットは、春夏秋冬大活躍!

オシャレなガーゼのブランケットは、春夏秋冬大活躍!

202views

とっても快適な羽毛布団。

でも、何となく真冬は1枚じゃ寒い気がするし、かといって、元々ポテンシャルの高い素材だから、毛布と合わせると暑い。

夏は夏で、薄手の羽毛ケットを用意するけど、それだけだと肌寒かったり、真夏は暑い。

そんな時に重宝するのが、質のいいガーゼケットです!

肌触りのいいガーゼケットはとっても幸せで気持ちいいし、羽毛布団の下に掛ければ、インナーケットとして、温度調節にも丁度いい。

かさばらないから収納も楽だし、真夏はさっぱりとそれ1枚でOK!

でも、ガーゼケットって、レトロチックなデザインが多くて、古めかしい感じで、生活感がちょっと漂ってしまう・・。

寝室が別ならそれでもいいのだけれど、お友達も来るワンルームで暮らすお年頃の娘は、それ1枚でかっこよく見えるものを所望しています。

と言っても・・、ワンカラーとかならあるけれど、ガーゼケットでスタイリッシュデザインなんて、そうそう見つからないのでは・・・?

と思いましたが・・。

しかし、私は見つけました。

娘好みのスタイリッシュデザインで、とっても気持ちのいいガーゼケットを!

春から独り暮らしの娘に贈る、西川のスタイリッシュなガーゼケット

今日は、春から独り暮らしの娘に、+1枚で準備したガーゼケットの紹介です。

都会のワンルームって、間取りも狭いから、あんまりかさばる寝具とか何枚も用意できないんですよね。

我が家の娘は、ベッドに羽毛の掛布団、+ガーゼケットというラインナップで一人暮らしに臨んでいます。

ガーゼケットは、ちょっと肌寒い時とかに便利です。

西川のガーゼケット写真

という事で準備した、西川のガーゼケット。

西川は、私注目のマットレス「Air」シリーズを扱っている会社。

点で体を支えるマットレスで、それで寝ると「翌朝身体がラク」という評判で、トップアスリートも御用達の高級マットレスです。

私も試してみたいのだけど、最高級品(SX)は、ダブルサイズで30万超えと、ちょっと手が出ないお値段。

でも、昔デパートで試してみたら、大層気持ち良かったので、次に購入するマットレスの候補のひとつになっています。

話を戻して、お洒落なロゴが特徴の「やわらかガーゼケット」は、ブランディングディレクターの小脇美里さんという方のプロデュースで、垢ぬけデザイン。

他にも、チェックとボーダーがあり、選べるデザインは全3種。

ボーダーもスッキリしていてよかったけど、娘はスタイリッシュで部屋がスッキリ見えるロゴデザインを選びました。

チェック柄
ボーダー柄
西川のガーゼケットの柔らかさを伝える写真

サラッとしていてなめらかです。

縁取るブラックのパイピングが高級感漂います。

ガーゼに包まれていると、子供の頃に返ったよう・・。

気持ちがいいので、それをお伝えできる様動画を編集してみたのですが、こんな感じです。

@kataseumi

#西川のやわらかガーゼケット がサラサラで気持ち良すぎた。デザインもお洒落な感じで,ベットの上にポンと置いてあっても大丈夫

♬ オリジナル楽曲 – うみ – うみ
西川のガーゼケット洗濯表示の写真

素材は、綿50%にポリエステル50%。

洗濯機で洗えます。

洗濯表示が2018年より変わってしまって分かり辛いですが、ガーゼケットはネットに入れて洗濯機で洗う事ができます。

写真に出ている新表示の場合、「液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる」となります。

アイロン仕上げは禁止です。

ガーゼは汗を吸い取るから、丸洗いできるのは嬉しいですね。

(このケット白いし)

インナーケットにもちょうどいい薄さ

ちょうどいい薄さのガーゼケットは、羽毛布団などの間に1枚入れて、暖かさをアップさせる役割も果たします。

最近の家は気密性が高く、冬でもそこそこ暖かいし、若いうちはそんなに寒がらないから、厚めのインナーケットにしちゃと、暑くて布団をはいじゃったり、ケットだけ足元に丸まってしまう事も多いです。

実家に帰ると、寒いからもっと布団をかけろって言われるけど、本人は結構暑いんですよね。

という事で、サラッとしていて汗も吸ってくれて、その上程よい薄さのガーゼケットは、蒸し暑い夏以外でも、春夏秋冬活躍してくれると言う訳です。

西川のガーゼケットをインナーケットに使用している写真
このように、インナーケットにもピッタリの薄さ。

寒い冬は、こんな風にインナーケットとして使用してくださいね。

オシャレなロゴデザインは、そのままクシャっとベッドにあっても格好がつくけど、しっかりベッドメイキングをすると、こんな感じでホテルっぽくなります。

子供時代を思い出す。ガーゼケットでノスタルジーに浸ろう!

そんな訳で、とっても気持ちのいいガーゼケット。

冬はインナーケットに使えるし、季節の変わり目にも大活躍。

そして、ガーゼの肌触りはなにより気持ちよく、その感触は子供の頃を思い出させ、私をノスタルジーに浸らせる。

まるで、「ライナスの毛布」。

(スヌーピーに出てくる、毛布を引きずっている男の子がライナスといいます)

1枚4,950円だったから、ついでに自分の分も買ってみたけど、夏休みによく行った母の田舎を思い出します。

昔は、ガーゼケットって、どこのお家にもありましたよね。

まぁ、世の中辛いこともありますが、せめて娘がこのケットで癒されて、明日も頑張れますように。

そんな訳で、今日はおニューのガーゼケットの紹介でした。

ロゴデザインがお洒落な西川のやわらかガーゼケットは、「西川オンラインショップ」で購入することができます。

ガーゼケットは探すと色々な所で購入することができますので、お気に入りの一枚を見つけてみてはいかがですか?

お気に入りのものに触れるのは、とってもいいことですよ。

それではまた。

今日のケットはここで購入!