【2019年12月期株主優待】サッポロホールディングスからビールが到着!

【2019年12月期株主優待】サッポロホールディングスからビールが到着!

21views

コロナ禍でも売らなかったビール株「サッポロホールディングス」から、楽しみにしていたビールの優待が到着しました!

サッポロの株主優待は、ビールの他にも食品と飲料水の組み合わせや、ECサイトのクーポン、寄附などを選ぶ事ができますが、私は毎年絶対ビールにしています。

これが目当てで買ったんだもの!

サッポロの優待は、保有期間と保有株式数で差があります

サッポロホールディングス優待品の写真

サッポロホールディングスの優待は、100株以上から貰えます。

3年以上保有者と、3年未満保有者で若干の差があり、例えば、ビールを希望した場合、100株保有で3年未満だとビール4本ですが、3年以上になると6本に増えます。

さらに、200株以上保有していると、ビールの本数が倍に増える他、「銀座ライオン」や「エビスバー」等で使用できる20%引きのチケット5枚が貰えます。

「エビスバー」は食事も美味しいし、「銀座ライオン」はビールの種類も豊富。実は、このチケットも私の秘かな楽しみとして、サッポロ株は、もっとも私が手放せない株のひとつとして君臨しています。

サッポロホールディングスは、以前1単元が1000株だったのですが2016年に併合され、1000株主だった私は、200株主となりました。

それに伴い、株主優待も変更になり、100株以上200株未満・200株以上1000株未満・1000株以上の保有者と、3段階に優待が分かれる事になりました。

保有株式数で優待に差が出るのはどこでもあるのでが、最近は長期保有者が優遇されたり、長期保有しないと優待が貰えなかったりという事が増えたような気がします。

「個人株主を大事にするカゴメ」も、2019年度から半年以上の保有が優待獲得の条件となりました。

キューピーなどは、優待の権利獲得までに3年かかります。

株式投資は長期保有が基本ですが、優待を楽しみにしている人にとっては、3年以上保有しないと貰えないというのは、悩むところですよね。

サッポロホールディングスは、初めて買った株

そんな訳で、私の株は1000株から200株になり、保有年数もそろそろ10年。

株主優待は、限定醸造ビールがついた12本セットです。

サッポロホールディングス株主優待特別醸造ビールの写真

限定醸造ビールは、3年以上保有者のみに進呈されます。

サッポロホールディングスは、純粋にビールが好きで購入を決めた銘柄ですが、限定醸造とは、ビール好きにはたまらない優待です。

そして、今年のビールは美味しかった。

サッポロホールディングス株主へのお便り写真

サッポロ株は、私が初めて購入した銘柄。

単純に、サッポロのビールが美味しいから決めました。

あとは、他社より株価が安かったことも決め手です。

サッポロの株価は、同業他社に比べてパッとしないのですが、新発売の第三のビール「ゴールドスター」も美味しいし、黒ラベルもクラッシックも美味しいので、このままこの会社を信じて、株を持ち続けようと決めています。

気になる配当は、2018年で42円。

中間配当は、基本ありません。

私は200株主なので、8400円ですね。

だいたい36万程度で手に入れた株ですが、預金してても利息はゼロに近いです。

今後どうなるかという事はありますが、大好きな会社の株なので、何かあっても持ち続けていられます。

頑張れサッポロ!

君のビールは美味しいぞ。

それではまた。