大人になっても結構楽しい・・・

東京電力株を買ってしまった・・。

 

東京電力株を買いました・・。

 

こんにちは。

年の瀬となり、まったく成績の良くないゴミ株をいくつか売却する事にしました。

「損切り」と言うやつですね・・。

 

皆さん、コンビニで売っているうっすぅ~い雑誌などに載っている「5万円以内で買える期待銘柄」みたいなものに騙されるのはやめましょうね・・。

騙されて2銘柄ほど購入したのは・・、私です。

 

中にはなかな悪くないんじゃないかと言う株も紹介されてはいましたが、結局それは、別に期待銘柄でもなく、ただの雑誌の企画ものですから。

そういう株は、大量に買える人がマネーゲームで買う株です。

何十万株も買える資金があれば、1円動けば数十万円の利益にはなりますが、長期で持ったり楽しみにしたりする株には値しません。

 

といっても、今回私が買った株も、1株480円で、100株48,000円。

100株5万円以内で買える株です。

その名も「東京電力」

 

東京電力株は、1987年、1株9000円だった。

 

東京電力は、言わずと知れた電力会社の最大手。

1987年、 株価は 1株9000円だったことがあります。

これはバブルなので異常値ですが、それから紆余曲折、価格は収束して2000円~4000円位で推移していました。

配当金は、2009年で年間6000円。

利回りは、なんと驚異の6.4%です。

 

ところが、2011年のあの地震。

まだまだ記憶にも新しく、思い出すたび心が砕ける思いですが、あの事故で、東電の株は一時一株120円の紙屑と化しました。

10分の1以下になってしまったのです。

 

なんとか利益は黒字転換したが、復配の予定はなし。

 

あれから10年。

事故の傷跡は未だなまなましく、東電のHPは痛々しいまでです。

だけど、ここ数年で東京電力は黒字に転換しています。

復配の期待も高まりますが、現時点では2020年の配当も見送る予定だとHPではアナウンスされています。

 

事故の痛手は大きい・・・。

 
 

そんな中、東京電力は多分潰れることはないだろうし、あの事故でも上場廃止や倒産にはならなかった。

もしかして復配が決まったら、あっという間に高騰し、買えない株になってしまうかも・・・。

と言う感じで、2019年最後の投資として、東京電力株を買ってみました。

 

なんだかんだ言っても、結局主婦株なので、購入したのはたったの100株。

投資額48,000円です。

これなら、万が一何かあっても悔しい位で済むでしょ?

 

それにしても、あの事故の時120円で買った人はすごいよね。

 

それにしても、あの大事故の時、120円で東電株を買った人はいたのでしょうか??

いたんでしょうね・・、なかなかの心臓です。

 

東電株、実は事故の直後は120円となりましたが、その後順調に回復し、2015年には一時900円に回復しています。

逆にいうと、一時900円に回復したのに、また半額くらいになっているってどういうことですか?!

 

まぁ、それは良いとして、120円で1000株買ったとして12万円。

それを900円の時に売ったとして、1株780円の利益。

1000株だったら、78万円もの利益が出ています。

(手数料などは除く)

 

あんな状況でも、儲けた人はいるんですよ。

東電株は、今後どうなるかは素人の私には何とも言えないですが、900円の頃からはかなり安くなっています。

紙屑になる可能性も、わずかながらあります。

 

でも、昔は高嶺の花で手に入れる事ができなかった株が今やお手頃ときたら、試しに買ってみない手はありません。

5万円の投資なら、株式投資としてはかなりのローリスクです。

 

ただ、最近は東京の災害が結構多いので、心配って言ったら、心配です。

昔、『配当もいいし、これさえ買っておけば安泰だ』と言って東電を買って、その翌年に地震がきちゃった人を知っているんですが、本当に、お気の毒としか言えませんね・・。

それではまた。

株式投資は、ご自身の判断でおねがいします。