Notice: Undefined offset: 4 in /var/www/kataseumi/blog/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Notice: Undefined offset: 4 in /var/www/kataseumi/blog/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33
大人になっても結構楽しい・・・

夏休みの工作や自由研究にもおススメ!木製3D模型ウッドトリック


Notice: Undefined variable: post_id in /var/www/kataseumi/blog/wp-content/themes/sango-theme-poripu/parts/single/entry-header.php on line 31
「アメリカントラック」模型写真

https://www.woodtricks.net/より「アメリカントラック」模型写真


Notice: Undefined offset: 4 in /var/www/kataseumi/blog/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Notice: Undefined offset: 4 in /var/www/kataseumi/blog/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

こんにちは。

今日は、海外から取り寄せる、完全木製の3D模型『ウッドトリック』の紹介です。

木製パズルや模型は、東急ハンズやロフト等でも見かけますが、主に外国製品です。

今日ご紹介するものも外国製品ですが、接着剤や染料も含まない天然素材100%の模型です。

見たことある方も多いでしょうか、こちらです。


大人も楽しめる3D模型ウッドトリックHP

これは、美しいサークルが人気の観覧車。

難しそうですが、パーツはすべて形作られているので、自分で成形する必要はありません。

説明書や動画も充実していて、パーツは全て型から外して組み立てるようになっています。

 

この観覧車なら、中級レベル。

大人なら、一人で2.5時間くらいでくみ上げる事ができます。

お子様の工作にも適していると思いますし、休日に親子で協力しながらのんびり作れば想い出の一品に・・。

出来上がった後は、窓辺や玄関、、リビング等のインテリアにも素敵ですね。

しかも、この模型は全て動くようになっています。

観覧車は手動ですが、木製の歯車とねじを組み合わせて動くものもあるんです。

 

自由研究にも使える?関税を調べてプラスワン!

 



ウッドトリック公式HPで確認

こちらは、ロマンチックな『カルーセル』。

模型の下にねじがあって、巻くと木馬が自動で動きます。

ネジももちろん木製。

 

工具や接着剤、金具等は一切使わずに完成できるようになっています。

 

これは、YouTubeにもアップされている、製品の公式動画です。

凄く精密ですね。

ウッドトリック公式HPには、各製品の組み立て方等の簡単動画もたくさんあるので、作るのが初めてでも安心です。

 

図形の感覚や組み立ての知識、集中力を高める練習にもなりますので、お子様へのプレゼントにもぴったりですし、夏の自由研究や工作にも最適ですね。

 

関税を調べてプラスワンの研究価値

 

自由研究に出来合いのものを作る事に抵抗がある場合は、この機会に「関税」の事をちょっと調べて、海外から買う時の注意点としてレポートをつけるのもありですね!

 

この製品は1万円以内ですし、玩具なので無税ですが、関税については、税関のHPにかなり分かりやすく書かれていますので、調べれば、製品の簡易税率表を含めて3~4枚のレポートにするのは難しくありません。

こういう、プラスワンが、加点ポイントです。

 

コピペは多分評価が悪いと思うので、少し大変ですが、自分の言葉でまとめて、手書きがおススメです。

税関のHPは固そうに見えますが、実際に書いてある文章は一般向けで、親切に書かれています。

 

調べる時は、税関HPの「輸出入の手続き」タブをクリック→

「7、参考情報」の項目にある、「関税の仕組み」や、「カスタムアンサー」のページを見れば、大体カバーできます。

 

この商品は、AMAZON等でも扱いがありますが、輸入品なので手数料等の関係もあり、自分で買う方が安くなります。

海外通販はちょっと難しいと考えている方も、紹介と共に購入の仕方等も記事にしていますので、安心して読み進めて下さいね。

 

ウッドトリックの紹介

 

ウッドトリックは、ウクライナのエンジニアたちが立ち上げた会社で、現在、アメリカとポーランドとウクライナに会社を持っています。

製品を作っている工場があるのは、ウクライナ。

 

公式代理店は、アメリカやポーランドの他にもフィンランドやフランス、イギリス等にもありますが、日本には、まだ代理店がないみたいです。

 

アマゾンのページを見てみると、製品はアメリカの倉庫から送られると書いてありますので、ウクライナで製造後は、アメリカの倉庫で保管されるようです。



これは、『タワークレーン』

勿論動きます。
ウッドトリック公式HPで確認

ウッドトリックHPについて

 

ウッドトリックのHPは、日本語に対応しています。

といっても、一部日本語対応となっているので、ページが全部英語の場合、翻訳機能を使う事になります。

英語ができる方は、そのままで。

 

英語が苦手な方は、日本語翻訳がちゃんと用意されていますので、安心してください。

HP上部に言語切り替えのボタンがあります、日本の国旗の方を押せば、ページの英語は日本語になります!

 

 

ただし、HPに用意されている日本語訳は、かなり日本語に直っていないところがあります。

日本語訳が間に合っていないんでしょうね、日本に代理店もまだないので・・。

 

そういう時は、こちらです。⤵

 

英語のページになったら「日本語に翻訳しますか?」というメッセージが出るので、「はい」をクリックすればページが日本語に翻訳されます。

また、メッセージが出なければ、画面を右クリックすると「日本語に翻訳する」という表示が出ますので、クリックすれば、日本語が表示されます。

自動翻訳なので、多少読みづらい部分はありますが、元の説明文が文法のしっかりしている文章ですから、ちゃんと分かるように翻訳されますので安心してください。

 

ウッドトリックを購入すると、登録のメールアドレスに、「買ってくれてありがとう!商品到着までもう少し待ってね。」という内容のメールが英語で届きます。

そして、その後「うちの商品を評価してね」みたいなメールも届きます。

英語でびっくりしますが、差出人が「Wood Trick」になっているので、迷惑メールじゃないことがすぐに分かると思います。

ウッドトリック公式HPで確認

関税や注文方法について

 

海外から個人輸入というと、関税の手続きが気になりますが、ウッドトリックは各商品1万円以下であり、課税対象商品でもないので、関税はかかりません。

 

荷物は、DHLという、国際宅配便で届くと、HPに記載されています。

配送料はアメリカ国内以外は自己負担。

私が買った観覧車の送料は、1個19.99ドル(2300円位)でしたが、送料含めても、直接買い付けた方が安かったです。

 

支払いについては、各種クレジットカード・デビットカード・ペイパル・AMAZONペイ等が利用できます。

AMAZONペイの場合、住所やクレジットカード情報はアマゾンに登録してあるものを使えるので便利ですね。

私はちょっと心配なので、海外通販はデビットカードを利用しています。

デビットカードについては、こちらの記事を参考にどうぞ。

 

最後に

 

今日は、木製3D模型の『ウッドトリック』を紹介しました。

木製模型は、日本の城シリーズ等もありますが、ウッドトリックは魅力的なフォルムのものが多いので、是非HPを見に行ってみて下さいね。



これは、細かなパーツとスケルトン感が美しい「飛行機」です。

中級商品で、組み立ては3時間ほどだそう。

ウッドトリックのHPへ!

読んでいただき、ありがとうございました。