大人になっても結構楽しい・・・

おとなになってから、バレエを始めてもいい?

バレエや習い事は、小さいころからやっていないと習えない。

子供の頃憧れていたから始めてみたいけど、まわりについていけるか不安・・。

もしかして、経験者でないと受け入れてもらえないかも??

こんな気持ちで、バレエや習い事を始めるのを躊躇している方はいませんか??

大人になってから始めるのは無理だと思われる方も多いでしょうが、最近は大人から始めるバレエ初心者クラスも沢山あります。

事実、私は40過ぎてからバレエを始めました。

とにかく楽しくてなりません。

大人になってから始める習い事は、小さなときに親に勧められて習っていた気持ちとは全く違う気持ちで取り組めます。

但し、上達の度合いは超絶スローペースです。

身体も硬くなっちゃっているし、子供と大人は全く違う。

だけど、すごく楽しい・・・・・。

今、習い事を始めるのに迷っているあなた、迷っている場合ではありません。

数年後に

ああ、こんな後悔するなら、習っておけばよかった・・。

あなた

とか

3年前に悩んだ時に始めておけばよかった・・。

あなた

なんて後悔する前に、悩んだ時点で挑戦してみましょう!

バレエ教室を探す

 

「悩んでいるなら行動。」という所で、実際にバレエ教室を探してみましょう。

バレエ教室は、クチコミの他、折り込みチラシや地域の広報誌、タウンページや、コミュニティセンターのポスター等で探せます。

また、最近はバレエエクササイズもあるので、近所のスポーツクラブでも、クラスがあるかもしれませんね。

本業は大きなバレエ教室でも、先生が副業でコミュニティセンターや文化センター等で、体験講座や集中講座をもっているときもあります。

全く初めてなら、初めての人ばかりが集まるコミュニティセンターの集中講座に顔を出してみるのもいいかもしれません。
ネットで探すなら、教室検索の専用サイトもあります。

 

いくつか体験レッスンへ行ってみましょう。

 

色々探していくつか教室に目星をつけたら、必ず「体験レッスン」や「教室見学」へ行きましょう

教室によって雰囲気も違えば、通っている生徒さんやクラスのレベルも違います。

大きなところなら、大人のクラスでも「初心者」・「経験者」・「オープン」等習熟度別にクラスが分かれている事もありますが、あまり大きくない所だと、大人のクラスが一つだけの所もあります。

 

大人クラスの場合、先生も分かっているので、全くついていけないという事はないと思いますが、やはりレベルの違いはそのまま面白さや上達の違いという事になります。

 

今の自分に合った所を探さないと、せっかくやる気になったのにつまらない、苦しいという結果になりかねません。

 

上達に苦しさはつきものですが、大人から始める習い事というのは、その苦しさを最小限にして楽しさを倍増という、夢のような特典があるという事をお忘れなく。

初心者なら、足や手のポジションから教えてくれるような所が好ましいでしょう。

 

美容の為なのか、バレエが習いたいのか

 

バレエクラスと言っても、美容目的のストレッチクラスから、それなりに丁寧にバレエを教えてもらえるクラス、言い方は悪いですが、なんちゃってバレエのクラス様々です。

自分が、何をしたいのかを考えて教室を選ぶようにしましょう。

そのためにも、体験や見学は必須です。

美容目的なのに、細かいバレエのポジションを覚えるのは苦痛ですし、今からでも出来るだけバレエをやりたいと思っている人が美容クラスやストレッチクラスへ通うのは、物足りなさが残り、フラストレーションがたまるからです。

 

バレエ用品は習う前に買うのか?

 

体験レッスンへ行く前、何か準備した方がいいのでしょうか??

レッスン申込時に説明があると思いますが、体験の時に必要なものはタオルと水分位です。

シューズは教室で貸してもらうか、靴下で体験となります。

シューズは必ず必要になりますので、『もう絶対どこかで習う』と決めているなら購入してもいいでしょう。

但し、サイズは自分の足より0.5~1センチ大きめを選ぶのが普通ですから、初めてなら教室の先生にアドバイスをもらった方がいいでしょう。

ポアント(トゥシューズ)は必ずフィッテングが必要ですが、シューズは通販でも大丈夫ですよ。

運動用のウエアを何も持っていない場合はさすがにちょっと準備が必要です。

バレエを始める始めないにかかわらず、何かスポーツウェアを買っておこうという方は、バレエ用品店より、ヨガウェアを扱うスポーツ店で軽くそろえるのがおススメです。

 

その時は、なるべくボディラインにピッタリとしたものを選びましょう。



画像をクリックすると商品ページへ飛びます。
スカートやショートパンツ付きのボトムはランニングにも利用できますし、実際におけいこが始まったら、厳しいレッスン場以外なら、通常レッスンで利用できます。

 

ヨガウェア通販【ASANAアサナ】の商品ページはこちら

いざバレエを始めれば、可愛くてテンションが上がるウェアや小物が沢山あるので、バレエショップでの購入が主となりますが、上で紹介したものなら、レッスンで着用しても違和感がなく、スポーツクラブでの利用も可能ですからおすすめです。

いざ、バレエ教室へ!

 

この記事を読んで、ウェアを見てみてテンションが上がってきた方は、迷わず体験へ申し込んでみましょう。

バレエだけじゃなく、最近は「大人から始めるピアノ」や、「大人から始める絵画」等、色々あります。

後からやっておけばと後悔するくらいなら、少しでも早いうちに始めてみましょう。