大人になっても結構楽しい・・・

発表会にお呼ばれ。お花は必要?手ぶらでもいい??喜ばれるプレゼントは?

バレエやジャズダンス、ヒップホップをやっているお友達が近くにいると、発表会にお呼ばれすることもあります。

この時、プレゼントや手土産が必要なのか、悩む方もいらっしゃいます。

また、『お返しとかで、かえって気を遣わせてしまうのでは』と、気をまわし過ぎる方もたまにいます。

 

そんな気を回す必要はありません!

ちょっとしたものでもいいので、発表会に呼ばれたらお花やプレゼントを持って行ってあげましょう。

 

踊りの発表会で花を貰えないのは避けたいと思う気持ち。

 

お友達を呼んでの発表会、呼ぶ側は、本当に来てくれるだけでありがたいもの。

本当は、プレゼントやお花が無くたって、全然問題ありません。

これも、正直な気持ち。

 

ただ、バレエやダンスの発表会にはお花がつきものです。

子供が発表会に出る場合、両親が子供に花を贈ったりもしますし、同じ教室のお母さん同士で花を贈りあったりもします。

 

会場へ行けば分かると思いますが、バレエやジャズダンスなどの発表会の会場は、お花が溢れてとっても煌びやか。

ほかの教室の先生方、習っている先生のそのまた上の先生などから贈られる花でいっぱい。

慣例でもありますが、花の数は、横のつながりや上のつながりの表れでもあり、その教室の格の表れでもあり、プライドでもあるんです。

 

 

発表会というハレの舞台で、お花を貰えないという事は極力避けたい事ですし、つながりのある教室へ贈る花を忘れるなんて絶対にあってはならない事でしょう。

 

発表会では、各個人のお花ボックスが用意される。

 

さて、今の話は教室としてのお話ですが、発表会に出る子達に贈られたお花で、大きなものはそのまま会場や受付に飾られます。

 

それ以外のお花は、送り主と送り先の宛名を書いた紙と共に、受付で預けることが多いと思います。

 

受付の人達は、その花を後ろに片づけていると思います。

適当にしまっているわけではないんです。

受付の後ろには、教室の子の名前が入った段ボールなどがあり、お花は、送られた子のボックスへ収納されます。

 

主役級の子はチケットの持ち分も多いので、それだけ花も多くなりますが、3才くらいの子供でも個人ボックスを用意します。

教室にもよると思いますが、個人ボックスは自分で用意します。

おじいちゃんやおばあちゃんや両親・親戚がお花を贈ってくれることは予想できますが、お友達を呼んだのにお花の数が少ないのは、やっぱり少し寂しいですよね・・・。

 

それは、親にとっても同じ。

沢山もらえばお返しも大変ですが、それも含めて発表会にかかるお金を計算します。

他の子たちがお花を貰っている中で、わが子にお花を貰えて嬉しくない親はいませんよ。

 

 

また、チケットを「お金はいらないからね~(#^^#)。」と言われて、いただくこともあると思いますが、このチケット、大体実は発表会に出るお家で、教室からチケットを買い取っているのです。

 

それでも、来てもらえることはありがたいと、仲のいいお友達などには、無料で配ったりしているのです。

ピアノの発表会も人を呼ぶことがありますが、踊りの発表会は、ピアノのそれとはちょっと違ってまた異世界なんです。

なので、もしチケットを無料で貰ったりしたら、お礼の気持ちを兼ねて、お花やプレゼントなど、ちょっとしたものをもって会場に向かいましょう。

 

因みに、(私はほとんど聞いたことはないです)チケットの持ち分が無かったり、完全無料も場合もあります。

「誰でも来られる。」と、チケットを貰わなかった場合や、チケットに「無料」と書いてある場合は、チケットの買取ではないこともあります。

 

一番人気はやっぱり「花」!お菓子や小物なども・・

 

 

発表会のプレゼント、大体お花に決まりなんですが、お菓子や小物のプチギフトを用意する方もいらっしゃいます。

この辺は、本当に気持ちなので、相手が喜びそうなものなら何でもいいです。

 

大人の方が出るなら、ワインやシャンパンでもいいですね。

 

私はシャンパンをいただいたことがありますが、とっても嬉しかったです。

高校生の子たちは、ボディケア用品やメイク用品などを貰って喜んでいる子が多かった気がします。

その他、お菓子のギフトラッピングに花一輪のセットなども見かけました。

 

お値段は、学生さんなら1000円位で十分だと思いますよ。

 

花束もいいけど、アレンジメントが嬉しい。

 

発表会の花束、いくらくらいのものがいいんでしょう???

数人で贈るなら立派なアレンジメントやカサブランカ入りの花束も選択肢に挙がりますが、個人で贈るのにはちょっと経済的に厳しいです。

 

こういう時は、お花一輪にハンカチやハンドクリームなどのプチギフトが威力を発揮します。


人気のヴェレダ、ハンドクリームセット

高いと思われがちなお花ですが、意外と2~3,000円で、プチブーケなどを作ってもらえます。

既に出来上がって店頭にある花束なら、なおお求め安くなっています。

 

発表会でいくつもの花を貰える事が予想される場合は、アレンジメントを贈ると喜ばれます。

花束は花瓶が必要になるので、たくさんいただくと結構困るというか、嬉しい悲鳴ですよね。

 

人気のアレンジメントやギフトなど

 

と、いう事で発表会に呼ばれたら、無理に何か持って行かなくても大丈夫です。

でも、何か持っていくか悩んでいるなら、絶対喜ばれるからプレゼントを用意してあげましょう。

 

それでは、発表会ギフトで私が見かけたものや人気のものの一部を紹介したいと思います。

 

1、アレンジメントに一工夫。バルーンギフト






即日配達・送料無料!お花のプレゼントなら【フジテレビフラワーネット】

お呼ばれしたのが小学生くらいまでなら、アレンジメントにバルーンを配した「バルーンアレンジメント」が人気です。

子供が大好きなバルーンで、喜ぶ顔が目に浮かびます。

小さな子のプレゼントボックスは、カラフルなものが多いですね。

 

大人の方なら、プリザードフラワーやシックなアレンジメント、スイーツセットも

 





想いをお花に込めて【ベルビーフルール】

発表会にお花がいいのは、華やかだからだけではなく、枯れたら処分できるという事もありますね。

でも、発表会が数年に1回の場合、大人は『あと何回発表会に出られるかしら・・?』なんて思ってしまうわけです。

 

なので、見るたび思い出すことのできる、思い出にのこる品も結構喜ばれます。

プリザードフラワーの場合は、劣化したら処分するのにあまり罪悪感を持たないのもいい所ですね。

それに消耗品を合わせたハンドタオルセットは、お仕事してる方なら喜びそう・・。




シックで重厚感のあるアレンジメントは、大人の特権。

大人っぽいアレンジは、中高生の憧れかも???

 

この他にも、小学生なら文房具のギフトなんかも持ってくるお友達が多かったですよ。

その場合は、500円~1000円位なイメージでした。

 

大事な発表会、出る側としたら、本当に来てくれるだけで嬉しいんです。

ただ、これは私がバレエを始めて、一歩引いた目線から見て『やっぱり、お花は貰った方が嬉しいな。』と思って書いています。

 

実際、私も万が一お花を貰えないことを考えて、家族に「お花よろしくね!!!」と言ってお金を握らせちゃいました。

やっぱり、お花が無いと格好つかないという気持ちが働いたんです。

 

バレエやダンスの発表会の準備は本当に大変で、親はへとへとです。

 

これから発表会に呼ばれてこの記事をご覧になった方は、発表会の感想などをお話ししてあげると喜ばれますし、ちょっとしたものでも持っていくと、本当に喜ばれますよ。

それではまた。