大人になっても結構楽しい・・・

【白髪染め】次回のヘアカラーまで何でつなぐ??

年齢とともに増える白髪。
60歳になっても白髪の出ない羨ましい人もいらっしゃいますが、一般的には、白髪は30後半くらいから増えてくる方が多いのではないでしょうか。

 

今日は、カラーリングとカラーリングの間隔を広げるべく、様々なカラーリングトリートメントを試した私が、最近一番良かった商品をご紹介します!

その商品とはこちら。

 

市販品ですが、これが一番色が入って、色なじみも良かったので、紹介しますね。

 

白髪はいつから??私は20代から

 

私は、若い頃の不規則な生活が祟ったのか、27歳の頃には白髪が出始め、35歳位の頃にはかなり目立つようになっていました。

今となっては70%くらいが白くなってると、3年くらい前に美容師さんに言われてしまいました。

ショックです・・。

 

所で、美容院や自分でカラーリングをしても、生え際などから白髪が目立ち始め、2週間もすると白髪が目立ち始めませんか??

特に、お仕事などをしていると気になりますよね。

でも、カラーリングをこまめにすると、地肌や髪へのダメージが心配です。

私も数年前は髪や地肌へのダメージが酷くて、地肌はかゆくなるし、髪のボリュームも減って、地肌が見えるようになってしまい、かなり深刻な状態でした。

 

それで、なるべくカラーリングは1か月に1度位にとどめるようにして、色々な商品でつなぐことを考えました。

 

 

意外に扱いづらいヘアマニキュア

 

個人的にカラーリングとカラーリングの間をつなぐもので一番効果があるのは、シエロなどの「ヘアマニキュア」だと思っています。

早く色が入って、色持ちもいい。

 

こっちはチューブ式で、捨てるのが楽。

 

ヘアマニキュアは、カラーリングではなく表面をコートするので、カラーリング剤が使えない人でも試すことができます。

ただ、肌につくと容赦なくお肌が染まり、全く取れないので、非常に扱いづらく、間違って壁紙なんかについてしまった時は泣くしかありません。

 

ショートヘアならいいけれど、セミロング~ロングの場合、マニキュアを塗って髪をとかしていくので、液が跳ねたり、毛先についたマニキュアが首や肩についたりと、ケープやラップで保護をして、細心の注意を払っても事故が起きやすいのです。

頬や額を汚すこともあるので、事故が起こると翌日はとってもブルーです。

 

ただ、うまくすれば生え際もきれいになるので、技術があったり、上手な人に塗ってもらえるならマニキュアは超おススメです。

難点を挙げるとすれば、シャンプーのたびに色落ちするので、白いバスタオルは使えなくなることですね・・。

それから、スプレー缶式の場合、ごみを捨てるときにすごく嫌な気持ちになります・・・。

 

ウェラのトリートメントは、個人的には一番優秀

 

カラートリートメントは昔からありますが、最近種類が増えました。

でも、そんなに売り場面積が大きくならないので、割と消費者は満足していないのかな??という印象を受けます。

 

私も、過去数種類試してみたんですが、広告のようには髪に色が入っていかないんですよね。

生え際なんて全く染まらないし。

 

白髪染めは、生え際が大事なんですよ。

 

セミロングともなると、色を入れようと思ったらチューブからかなりの量を出さないと成分が行き渡らないし、連続して使用しないと効果も出ないから、トリートメントはあっという間になくなって、費用対効果も凄く悪い。

・・・そんな事で、使った人は満足感を得られずリピートされない為、あまり売れていないんじゃないかと思うんです。

 

 

SNSで仲良くしている人が教えてくれたトリートメント

 

様々なカラートリートメントを試しては『お金の無駄だった・・。』と思っていたけれど、ある日SNSで仲良くしている人がウェラのカラートリートメントを教えてくれました。

 

試してみたら、カラーリングのようには染まらないけど、1回で結構色が入ったんですよ。

染まっている部分と白髪で生えてきた部分のなじみが良く、目立ち始めた生え際や頭の天辺に暗い影ができています。

カラートリートメントの中では割とお高い方なんですが、やはり、ちょっと高いと結果が違うもんだなと妙に納得しました。

 

カラーリング後、早い段階からこのトリートメントでケアしていけば、結構長い間髪をきれいな状態で保つことができます。

さすがに1カ月過ぎる頃には『もう無理』な感じになりますが、私はこの仕上がりをとても気に入っています。

シャンプー後、しっかりとタオルなどで水気をとることがポイントですよ!

目の粗いクシなどがあると便利ですね。

 

 

カラートリートメントの注意点

 

おススメしているカラートリートメントですが、注意点もあるので書いておきます。

 

カラーリング剤でかぶれたことがある人は使えない。

 

トリートメントなので誰にでも使えそうですが、カラーリング剤でかぶれたことがある人は使えないみたいです。

同じようなカラートリートメントでは、この一文が無いものもあるのですが、成分はあまり変わらない感じ。

ウェラはもともとドイツの会社ですが、現在はアメリカ企業の傘下となっています。

向こうは訴訟社会なので、保険で載せている一文なのかカラーリング成分が一部入っているのか分かりませんが、かぶれたことがある方は、使用しないでください。

危ないです。

 

カラートリートメントは、シャンプーごとに色落ちする

 

カラートリートメントも、マニキュア同様、シャンプーごとに色落ちします。

白いバスタオルを使用すると、だんだんタオルに色素が蓄積していって薄汚れてしまうので、髪を拭くタオルは白色を避けましょう。

 

爪の間に色素が入る

 

シャンプー後に、トリートメントとして使用できるカラートリートメントはとても便利ですが、手指にも色がつきます。

手のひらなどは、洗えば大体落ちますが、爪と指の間にも色が入ってしまいます。

でも、爪ブラシでこすれば染料はきれいにすることができます。

手袋をするといいんですが、面倒なので私は素手でつけてます。

が、お風呂を出る前に爪ブラシを忘れると、翌朝とっても後悔するので気を付けましょう。

 

 

次は、光で染まるというやつを試してみたい

 

今日は、カラートリートメントで結構良かったものがあったので、紹介する記事にしました。

 

カラーリングに疲れ果てて、ちょっと流行りの「グレイヘアー」も考えたんですが、やっぱりまだ自分の顔には合わないんですよね・・。

黒髪が残っている状態で白髪を増やしていくと、どうしても不潔っぽくなってしまうし、なかなか「プラダを着た悪魔」のミランダのようにはならない。

平たい顔族なので仕方ないです。

いっそ、ブリーチをかけて真っ白から始めることも考えたのですが、それはそれで、パンクロッカーみたいで、職場でクレームがきそう・・。

本当、綺麗に年を重ねるって難しい。

 

色々試してみたので、次は「光で染まる」という白髪染めを試してみようかとも思っています。

ちょっと面倒そうですが、アレルギーがある方にも使えるみたいです。

使ってみたら、レビュー記事を書いてみようかな・・。

 

今日の記事を読んで、ウェラのカラートリートメントが気になった方は、かなりいいので試してみてくださいね。

ウェラの製品はカラーリング剤も優秀で、私は毎回使ってます。

それではまた。