シェーディングとハイライトが1本になったスティック型のシェーディングの使用感など

シェーディングとハイライトが1本になったスティック型のシェーディングの使用感など

16views

お化粧の小技として、ごく一般的になった「シェーディング」。

私も毎日使用しています。

でも、日本製品て、パウダー型が多いんですよね。

特にパウダー型が悪いという事ではないのだけれど、韓国や中国系のメイク動画で使われている、シェーディングとハイライトが一本になっている、スティックタイプの練り型のものが、ずっと気になっていました。

向こうの動画でよく使われている物は、どこで買えばいいのか分からないので、今日は、韓国コスメの「エチュード」で見つけた、スティック型のシェーディング&ハイライトを買ってみました。

因みに、近所のショップなんかも見たのだけれど、国内産の一体型のシェーディングは探せませんでした。

探し方が悪いのかなぁ・・??

エチュードの公式はこちら!

ハイライト一体型はやっぱり使いやすい!

エチュード101プレイスティック写真

という事で、開封。

エチュードの101プレイスティックは、色味が3種類あり、ハイライトも、シアーのもの、パール入りのものとあります。

私が今回購入したのは、02番で、シェーディングが最も濃い色。

ハイライトには、残念ながら、パールは入っていないタイプです(パール好き)。

国産のシェーディングだと、控えめな色のものが多いのだけれど、1本くらいガッチリ影が入るものが欲しかったのです。

エチュード101実際の色味の写真

がっつり引くと、色味はこんな感じ。

参考までに、シェーディングやハイライトを、どこにいれるのかというと、ここ⤵

エチュード101スティック説明書きの写真
箱にこんな説明があります

顔を小さく見せる、または、彫を深く見せるために、おでこのふちとかフェイスライン、華の脇などに濃い色を。

高く見せたい場所にハイライトを引き、ぼかしていきます。

練り型は、指やスポンジで簡単にのばせるのがいい所です。

こんな濃い色でも、ぼかすとかなり自然な感じになります。

エチュードの101をぼかした写真
ぼかすと、こんな感じ

上の写真は、簡単にぼかした時のものですが、もう少しナチュラルな感じにしたいなら、#01(ハイライトはパール入り♡)を。

もっと控えめにしつつ、しっかりメリハリをつけたい人には#03(ハイライトはパールなし)がおススメです。

また、ハイライトは、おでことか鼻筋、小鼻の先っちょとか、唇の山の先につけたりすると立体感が増すのですが、眉の上下に入れるのもおススメです。

メイクの仕上げに、眉山よりも眉尻側の、眉を挟んだすぐ上とすぐ下にハイライトを入れてほかすと、年齢を重ねた目元がパッと明るくなりますよ。

メイク上級者だと、ベースの色を入れた後に、コンシーラーで潰したりするみたいなのですが、そんなの日常のメイクではできないので、普通のアイメイクの仕上げに、眉尻に向かって上下にハイライトを入れるんです。

そうすると明るい感じになるし、自分も明るい気持ちになるのでいいですよ。

メイクって、すごいですね。

エチュードで見てみる⤵

幅広シェーディングは、ちょっとだけ使いづらい

目下愛用している、エチュードのプレイスティック101ですが、大きさというか、太さは上の写真位。

以前は先がラウンド型だったのですが、更に顔のカーブに密着するよう、先端は斜めにカットされ、結構幅広な感じになっています。

しかしこれ、おでこやフェイスラインにはいいのだけれど、ノーズシャドウに使うには、ちょっとだけ使いづらいです。

太すぎて・・。

顔の凹凸にフィット!

とか言ってますが、小鼻の脇とか眉下のあたりは狭いので、個人的にはもう少し先が細いものの方がいいなと思いました。

これだけはちょっと残念。

それと、今回私は某ECサイトでスティックを手に入れましたが、古いのか、ちょっと油が酸化したような臭いが気になりました。

もしかして、元からこんな臭いで、だから日本では販売されにくいのかもしれませんが、公式サイトで新しいものを買えば、臭わないかもしれません・・。

ECサイトでも公式サイトでも、あまりお値段は変わらないので、用心するなら、公式サイトで購入した方がいいかもしれないです。

これは、あくまでも私個人の感想なので、参考までに。

ひとまず、国産の控えめシェーディングに満足していない人には、エチュードの101スティックは、おススメです。

私も手放せません。

それではまた。