デリケートゾーンのケアやニオイに悩む

デリケートゾーンのケアやニオイに悩む

173views

前回の投薬を受けて約1カ月。

やっと1日通してホットフラッシュがなくなり、胸のジワジワ感がなくなってきました。

それでも、体力やお肌の衰えを感じ、定期的に虚無感が襲ってくるのは変わらないですね・・。

年を取るのって悲しい・・。

自分が若かった頃なんて、年を取る事なんて、想像できなかった・・。

そんな想像力のなかった頃の私・・・、穴があったら入りたい・・。

デリケートゾーンのニオイに気づき始める

お手洗いの時などに、下着をおろした瞬間、ニオイが気になる時はありませんか?

ニオイのバイオリズムもあると思うけれど、排卵日などは、嗅覚が数千倍になるとか言われるので、ニオイを強く感じる時は、排卵日の可能性もあります。

女性の場合、生理の影響やムレなどにより、若いうちからニオイの強弱のある日があると思うのですが、ホルモンのバランスが狂って来ると、加齢によるニオイも混ざってきます。

ニオイの多くは雑菌が繁殖するために起きるだそうですが、加齢による乾燥や、ホルモンの関係で若い頃とはまた違うニオイになったりします。

・・・、加齢臭・・・。

考えたくないけど・・。

まだまだ人と接する機会も多いし、『年齢によるものなら仕方ない・・・』って訳にもいかないので、私は今、隠れてせっせとケアしています。

こんな事、書くのも恥ずかしいけど、きっとこの悩みって人には言えないし、考えてブルーになっている人も多いと思うんですよね。

大丈夫、ひとりじゃない!

デリケートケア用品は、意外とたくさん商品が出回っている

実は今、デリケートゾーンのケア用品の扱いは、優しく洗える洗浄剤からデオドラント用品まで、ネットショップやドラッグストアを探せば、かなりの数があります。

それだけ皆さん、人知れず気にしているってことですよね・・。

女性が花のにおいをかいでる写真

最近はVIOの脱毛も流行っているというし、もう、恥ずかしくてケアできないという時代でもありません。

デリケートな部分に雑菌が繁殖するのを防ぐための洗浄剤は、オイルのものから泡のものまで。

清潔にすることが重要ですが、石鹸でゴシゴシ洗うのは雑菌を駆除してくれる常在菌まで殺菌してしまうので厳禁です。

今は専用の洗浄剤があるので、それを使って優しく洗うのがいいですね。

上の二つはソープタイプのものですが、クレンジングの様に、オイルで洗うタイプのものもあります。

オイルタイプのものは、皮脂汚れも浮かして取ってくれて、ついでにマッサージもできるし保湿もしてくれるので、一石二鳥な感じです。

ピーチジョンというメーカーは、デザインや機能性で人気の下着の販売店ですが、女性の悩みをトータルでカバーしているので、デリケートゾーンのケア用品まであるんですね。

オイルタイプのものなら、妊娠中に推奨される「会陰マッサージ」に使用するようなオイルでもいいかもしれないですね。

乾燥が原因のニオイやかゆみに!専用美容液があるのを発見!

白黒のマダムの写真

さて、専用の洗浄剤の話をしたところで、ここから先が重要。

年齢とともに失われる潤い。

これは、何も顔だけのものではありません。

ゆらぎの時期に入って乾燥しがちになると、これが原因でかゆみやニオイの元にもなったりします。

乾燥は、よい菌の住み心地を悪くしてしまい、自浄作用も働きにくくなるとか・・。

なんと今は、デリケートゾーンの粘膜部分に使用する、美容液があるんですよ。

私もちょっとびっくりしたのですが、これは、潤滑ゼリーではなくて、デリケートゾーンの美容液です。

粘膜部分に使用します。

分泌液が減少し始めて、失い始めたバリア機能を助けてくれる専用美容液は、これからの常識となっていくのでしょうか??

それとももう、みなさん使ってる??

デリケートゾーンは、フレグランスも専用品を

金髪の美女

デリケートゾーンのケア用品は、美容液や洗浄剤だけではありません。

気になるニオイをカバーする、フレグランスも売り出されています。

フレグランスについては、マスキングの効果はありますが、基本はしっかり清潔にして、その上で「香りを添加する」と言った使い方がおススメですね。

香水やコロンも一応私は持っていますが、私が使っているのは、アロマオイルです。

「ディアウーマン」という商品名で売っていたのですが、コロナ禍で撤退してしまい、最後のひとびんになってしまいました。

下着やライナーになどに1滴たらせば、1日中ほのかに香るという優れものだったんですが、また新たに何か探さなくては・・。

ディアウーマンをハンカチにたらしている写真
ハンカチに1滴たらしておけば、リフレッシュにも使えます。

ローズの香りは、幸福感を促してくれたりリラックス効果を与えてくれるので、気落ちしやすいときにも、オイルをたらしたハンカチを嗅げば気持ちがちょっと上がるかも。

また、トイレに立つ度気になっていたニオイもほのかなバラの香りに変わるので、今まで悩まされていた見えないストレスもなくなりそうです。

若い時ってそれだけで武器だけど、年をとってもそれなりに楽しい。

でも、老いは等しくやってくるので、ケアは絶対必要です。

ああ、誰もが死ぬまで赤ちゃんのようなフレッシュな匂いだったらいいのにね・・。

今日紹介したものの他にも、デリケートゾーン用のケア用品は沢山発売されてます。

インスピレーションにピピっときたら、サイトへ訪問してみて下さいね。

色々試すことも、脳を若く保つのに重要ですよ。

それではまた。

気になるデリケートゾーンのケア用品はこちら