【更年期外来日記⑪】処方箋は、どこでもいいって訳じゃない?!

【更年期外来日記⑪】処方箋は、どこでもいいって訳じゃない?!

35views

こんにちは、かたせうみです。

だましだまし続けている、「メノエイドコンビパッチ」。

「騙し騙し」というのは、効果がないという意味ではなくて、メノエイドの効果は絶大。

ただ、診察や薬を取りに行くのが面倒で、週に2回の貼り換えを、ちょこっとサボってみたり、パッチが無くなっても、しばらく放置してみたりと、薬が足りていない分出現する不快な症状を我慢してみたりと、とっとと薬を貰いに行けばいいのに、元来の怠け癖が災いし、こうやってしばらく騙し騙し暮らすと・・ほら・・。

ホットフラッシュが再発したり、眠れなかったり、胸がざわざわしたりと、たちまちQOLが下がる生活・・。

という訳で、色々な用を足すついでに本日、薬を貰いに、いつものクリニックへ行ってきました。

全く、投薬だけならあっという間というのは知っているんですけどね、面倒くさがりなもんで、一度薬を切らすと、ダラダラと先延ばしにしてしまうのですよ。

処方箋を持って、いつもと違う薬局へ

そんな訳で、意を決して(て、そんな大層なもんか??)クリニックに行き、処方箋を貰い、薬局へ。

今日は、いつもの調剤薬局と別方向に用事があるので、処方箋を持ったまま、別の調剤薬局へ行くことにしました。

処方箋は、どこの調剤薬局でお願いしても一緒です。

で、用を足してから、その近くにある調剤へ・・。

最近は、大きなドラッグストアなどでも調剤薬局を入れているので、探すのには苦労をしません。

所が・・・。

初めての調剤薬局なので、保険証を提示したり、住所を書いたり、既往症等の問診票に記入したり・・。

あああああ、もう、ずっと同じ薬局に行っていたから、忘れてた・・。

名前書いたり、アレルギー申告をしたり・・、理由は分かるから文句はないんだけど、面倒くさい~~!!!!

しかも

こちらの処方箋は、3か月分で24枚となっていますが、当店では今、16枚しかご用意できません。

ええええ~~!

うわ、こんなの初めて・・!!

しかも、メノエイドコンビパッチは冷蔵保存なので、郵送とかはできませんて言われた!!

わ~~!

面倒くさい!!

ええ~・・。
(帰り道に、いつもの調剤薬局へ寄るか・・)

すみません、そうしたら、処方箋を戻してもらう事できますか??

しかし、処方箋にはその調剤薬局の印鑑が押されてしまっているので、処方箋受理を無効にはできない様子・・。

う~ん・・。

薬だし、責任という事もあるし、受理した処方箋を返せない道理は分かる・・

ええ~、こんな事ってあるの?!

仕方ないので、結局、私は後日残りのパッチを取りに行くことにしました・・。

よく考えてみれば、調剤薬局だからと言って、全てを網羅しているわけではないのだろう・・

私は、調剤薬局なら、どこでも、処方箋の薬が揃うもんだと思ってました。

いや、だってさ、『この処方箋は、どの薬局でもご利用になれます』とか書いてあんじゃん??

でも、薬局のキャパシティってもんがありますよね・・。

スーパーメジャーな鎮痛、解熱剤や、湿布薬等ならどこにでもあるんだろうけど、婦人科関係のお薬を、ここの調剤で置いていただけでも、もしかしたらレアだったのかも・・。

確かに、いつも行っている調剤薬局は、総合病院と婦人科クリニックから、歩いてすぐの所だった。総合病院付きの調剤薬局ならそれなりの薬を用意しているだろうし、婦人科クリニック御用達なら、ちょっとレアな薬も絶やさないだろう。

何事も、適材適所。

普段結構健康だから、あまり気が付かなかった。

そうだよね、今日行った調剤薬局は、何を隠そう、整形外科のお隣にある、お抱え薬局だったんだから。

という事で、今日の教訓!!

(面倒な事にならないためには)処方箋は、かかったクリニックのお近くで!!!!

かたせうみでした。

それではまた。