久々の検診。そう言えば、更年期より第二子出産時の方がイライラしていた【更年期外来⑬】

久々の検診。そう言えば、更年期より第二子出産時の方がイライラしていた【更年期外来⑬】

52views

🔸🔸

このブログには、広告が含まれることがあります

こんにちは。

超久々の「更年期外来日記」。

相変わらずコンビパッチは使っていますが、最近は超アバウト。

キッチリ3日に一回変えたと思えば、2週間近く空いたり・・。

まぁ、薬剤師さんからも、先生からも、ホルモンの充填療法だから、それで調子がいいならそれで良いと言われてます。

久しく行ってない間に、内診台がリニューアル(笑)

という訳で、やっぱり薬を使う間が開くと、ホットフラッシュが起きて辛いし、眠りも浅くなっちゃうし、胸のざわつきで夜中に起きちゃったりするので、まだまだ薬に頼らなければならなさそうですが、前回、次の来院の時には必ず子宮がん検診を受けるように釘を刺されていたんだった。

そんな事もあって、検診も面倒だし、週に2回のコンビパッチを節約し、通院を延ばし延ばしにしていたんですが、ここらで一応子宮がん検診付きの診察を受けておかないとと、観念して行くことにしました。

クリニックでもそんなに待たされる訳じゃ無いんだけど、やっぱりちょっと面倒臭い。

しかも、あそこのクリニックの内診台がもう、ともかくいけすかない。

骨組みが目立つあの内診台に、自ら足を上げ、あの屈辱的な姿勢を自ら行わなければならない、前時代的な内診台なんですよ。

今時あり得ない!

ていうか、都会の若い人はこの内診台を知らないかも知れませんね。

私が初めて出産した20年前だって、女性に優しいを謳うクリニックでは、全自動の内診台が設置されていたというのに!

そんなちょっとした事と思うかもしれませんが、これがかなり重要な事で、前時代的な内診台がいかに古く、女性に優しくないのかに気づかないドクターがそこにいるというだけでなんかムカつく。

なので、私も何度もクリニックを変えようと思ったんですが、投薬さえして貰えればいいレベルの場合、やっぱ面倒なんですよね、クリニックを変えて1からお願いするのって。

で、今回も仕方なくと言うか、なし崩し的にいつものクリニックへ向かう。

所が、いつも通り問診を終えて診察室へ行くと、なんと、内診台が全自動式のものに変わっているではないですかー!

ああ、やっとですよ。

感動のあまり、バスタオル持って待ってる看護師さんに、あ!新しくなってるーー!

と、感動を伝えてしまったくらい。

看護師さんも、そうなんですよって、ちょっぴり嬉しそう。

全自動はやっぱりいい。

普通に座ると無理なく倒れ、無理なく足が開く。

背中もほぼ水平になるから、看護師さんが掛けてくれたタオルで充分目隠し効果がある。

上を向くと、モニターと、目隠しカーテンを外した後のレールが目に入る。

内診をするにはこの体勢は必須だけど、こういったソフト部分が進化するのは良い事だ。

そんな事を考えているうちに、診察終了。

結果は1週間後だって。

第二子出産後のイライラと後悔と懺悔・・。あれも絶対ホルモンのなせる技

ところで私は、3ヶ月に一回、診察なしで薬を貰い、半年に一回診察を受ける。

そろそろ4年目か5年目に突入する・・。

この話題では何回も書いたけど、メノエイドコンビパッチは、子宮がんのリスクが跳ね上がる。

でもね、その代わりにすっごくよく効いて楽になるのよ。

しかし、よく考えたら、私の更年期は、よく言うイライラは起きなかった。

と言うか、どちらかと言うと、今情緒は安定している。

仕事とプライベートの切り替えができて、色々あっても、誰に対しても一定の機嫌で対応が出来ていると思っている。

子供が家を出た事で、寂しい「空の巣症候予備軍」だが、婦人科に通う頃よりも、第二子を出産したばかりの2年位の方がイライラが酷かったし、当時自分でもどうして良いか分からなかった。

それが、大体20年くらい前の事。

情緒が最も不安定だったのは、今から12年位前。

産後のイライラは、明らかにホルモン異常のなせる技だったんだけど、あの時、なんで素直に医者に行かなかったのだろう。

なぜ、医者に行くという選択肢が浮かばなかったんだろう。

もし、医者でホルモン剤を処方してもらってたら、もっと長男に子供に優しくできたのかもしれない。

今は、辛いのはホットフラッシュと胸のざわつきだけ。

なのに、薬でこんなに楽に過ごせている。

もしかしたらあの時だって、もっと楽に過ごせる方法があったのかもしれない。

ホットフラッシュは明らかに体調がおかしいなと言う感じだったけど、第二子出産時のどうしようもないイライラは、その時にはどうしていいか分からなかった。

でも、今なら分かる。

あの時、漢方薬でもなんでももらっとけば良かったのだ、多分。

今更後悔しても遅いんだけど、取り敢えず、2人の子供が無事に成人できたので、反省しつつ、ここで懺悔をし、よしとする。

いや、良しではないかもしれないが、もう、仕方ないからよしとする。

あの時、あんなに怒っちゃってごめんね息子と娘。

もしかして12年前の情緒不安定は、更年期の極初期症状だったのかもしれないな。

分かんないけど。

更年期の症状は人それぞれだけど、私は、それまでキッチリ来ていた生理がちょっと不安定になったのと、育児のイライラが同時に来て、育児共々落ち着いたと思ったら、ホットフラッシュという身体的症状が出て、今に至るという感じ。

女性ってホント休まる事なく大変ですよね。

それではまた。

本日のクリニック代

・診察&子宮がんの検診代

 3,300円

・投薬3カ月(メノエイドコンビパッチ)代

 3,060円