エクオール??最近、豆乳やおからが流行ってます。【更年期外来日記⑧】

34views

エクオール??最近、豆乳やおからが流行ってます。【更年期外来日記⑧】のアイキャッチ画像

早いもので3カ月。

私が愛用している更年期用のお薬「メノエイドコンビパッチ」が切れました。

ああ、また婦人科へ行かなければ・・、面倒くさいなぁ・・。

だけど、以前薬を切らしてしまい、いつものほてりやザワザワ感に悩まされたので、間を置かずに婦人科を予約。

辛いのは勘弁だ!

予約日に外来に到着したところ、なんと今日は

お薬だけでよければ、診察なしで出せますよ。

と言われました!!

ラッキー!!!

薬貰って30分もせずに帰宅できました、やったね。

コンビパッチはとてもよく効くお薬です。

お医者さんが言うにはちょっと強い薬らしいので、軽い人とか先生の好みによっては漢方なんかを処方されるようです。

女性ホルモンなので、子宮がん等の発がんリスクを了解の上処方されます。

友人は漢方を処方されています。

私が「パッチすっごい効くよ!」と告げたら、次回先生に聞いてみようと言ってました。

最近職場で、何気に豆乳が流行ってます。

ところで、最近私の周りではお年頃が多く、なんか豆乳が流行っています。

イソフラボンですよ、イソフラボン。

大豆にはイソフラボンが含まれていて、女性の美と健康、気になる年頃のゆらぎなどをサポートしてくれる強い味方。

ザクロにも同様の成分が含まれていると言われていますね。

私は主に、プロテインをとかす時に豆乳を使用。

友人はヨーグルトにきな粉を混ぜたり、豆乳をゼラチンで固めて黒蜜で食べたり(豆乳プリン。これはすごく美味しい)していて、私も真似してみたりしています。

みな気になるお年頃なのよ。

皆気になるお年頃で、気になる症状を軽減するため、はたまた自分の美と健康のため、体調管理とイソフラボンの補充には余念がありません。

お昼の話題も、美味しい豆乳の飲み方やおからパウダーを使ったレシピの披露などがメインになったりします。

大豆の恩恵を受けられる人は限られている

大豆に多く含まれるイソフラボン。

その作用が年齢を重ねた女性にとてもいい働きをするという事で、一時話題が沸騰。

納豆や豆乳が引っ張りだこになり、豆乳飲料も一般的になりました。

いろんな味が売り場に並んでいます。

しかし最近、しっかりイソフラボンを摂取しても、期待される作用をしてくれる人と、してくれない人がいるとテレビでも取り上げられていました。

一生懸命食べても、女性ホルモン的なものが作れない人が半数だとか・・。

体質らしいですよ・・。

ええ~~~~!!

ショック!!!

・・・、私はどうなの??ねぇねぇ!!

この話題が特集された時は、職場(の一部)が震撼しました。

自分がイソフラボンの恩恵を受けられる体質なのかそうでないのかは、調べれば簡単に分かるみたいなんですが、誰もが怖くて手が出せません。

もう、自分を信じてせっせと豆乳を飲むしかない私達・・悲しい・・。

とはいえ、納豆や豆乳は身体にいいし、たんぱく質も豊富。

それに、豆乳を定期的に飲んでいると何となく体調もいい感じだから、「信じる者は救われる」と、引き続き摂取し続けています。

どきどき・・・。

調剤薬局で勧められた「エクオール」

ある日、いつものように他愛のない話などをしつつ、更年期外来の話などをしていた所、友人がこう言いました。

この間薬を貰いに行った時(友人は漢方を処方されている)、薬剤師さんにすごくいいサプリがあるよって教えてもらったんだけど・・。

え、サプリ??

うん。

なんか、「ここでは扱ってないんだけど」って、勧められたのよ。

聞いてみたら、大塚製薬の「エクエル」というサプリらしいです。

自分の薬局で扱っていないサプリを勧めるという事は、本当に効果があるんじゃないかって思いますよね。

だけど、ちょっと高かった・・。

これです。⤵

created by Rinker
エクエル
¥4,300 (2020/10/29 09:44:21時点 Amazon調べ-詳細)

友人も、「すぐに家で調べたんだけど、高くて買えなかった・・・( ;∀;)。」と言っています。

悲しいかな、庶民の私達・・。

メノエイドコンビパッチ(更年期用のホルモン剤。病院でもらう)なんて、1ヶ月1000円ちょっとなのにぃ~・・。

た・・高い・・。

それにしても、このサプリはいったいどういうものなんだろう??

「エクオール」は、体内でイソフラボンから変換される

「エクオール」は大豆イソフラボンが、腸内細菌の力で変換されて生まれる成分だそう。

これだ。

きっと、イソフラボンを摂取しても、エクオールに変換できる人とできない人がいるので、恩恵を受けられる人が限られているんだ。

それで、最近流行りのゆらぎサプリは、イソフラボンがメインではなくて、「エクオール」が席巻しつつあるのか・・。

そして残念ながら、エクオールは体内に蓄積できないので、イソフラボンから「エクオール」に変換できる体質の人でも、続けて摂取していかなきゃダメらしいです。

本当に、女性は若い頃は生理や妊娠、出産。

エイジングを重ねれば更年期と、ゆらぎや不調のバイオリズムをサーフィンしていかなければなりません。

大変だよね~・・。

と、他人ごとではありません。

この「エクオール」という成分は、最近注目されているみたいなので、初期のゆらぎやこれからやってくるゆらぎに備えて、サプリで摂取するのもいいかもしれないですね。

更年期外来日記は、このブログで不定期掲載中です。

他の記事も読んでくださる方は、カテゴリー「更年期外来日記」からお読みください。

今日は、職場で小耳にはさんだおススメサプリの情報でした。

調剤薬局が勧めてきたのは大塚製薬のものですが、各社特色のある配合でいくつかエクオールのサプリが売り出されているので、気になる人は見に行ってみて下さい。

それではまた。

created by Rinker
エクエル
¥4,300 (2020/10/29 09:44:21時点 Amazon調べ-詳細)