スーパー大麦【バーリーマックス】を食べてみた!味や食感、効果など

スーパー大麦【バーリーマックス】を食べてみた!味や食感、効果など

141views

こんにちは、かたせうみです。

7月から本格的に始めたダイエット。

今、人生で一番長い期間、そして本気でダイエットに取り組んでいます。

何故か・・、それは、人生で一番ふっくらとしてしまったからです。

年齢の事もあるので、多分本格的なダイエットは、これが最後となりそうです・・。

今までのダイエット記録などで興味がある方は、タグ「ダイエット」またはカテゴリー「ダイエット」からご覧ください。

ところで、ずっとブレイクできなかったマイナス5キロの壁を、遂にブレイクできました!!

8月中旬から娘が帰省し、その2週間後は息子。その翌週には私が帰省するという、ダイエットには大敵なイベントが続きましたが、頑張ったわ、私。

期間中の食事などはそんなに制限してたわけでもなく、気を付けていた位。

楽しい食事は楽しみたいし、楽しい時間を犠牲にしてまでのダイエットは、する気はないのです。

でも、無限に食べる事をしないとか、食べ過ぎた翌日は気を付ける等で、一度減らした体重やスタイルは、意外と保たれるんだなと分かりました。

と言う事で、今日は食物繊維がもち麦の2倍!(玄米と比べると7倍。玄米はとてもいいのだけれど、意外と食物繊維が少ないですね・・。)

レジスタントスターチはなんと4倍!

食物繊維のみならず、鉄分や亜鉛も豊富なスーパー大麦「バーリーマックス」の食レポです。

オートミールやもち麦ダイエットをしている人は多いと思うけど、「バーリーマックス」も結構人気。

これで痩せる!!訳じゃないけれど、腸活にも最適らしいバーリーマックスは、最近の私のお気に入りです。

因みに、「レジスタントスターチ」とは、『消化されないでんぷん』の事で、エネルギーになりにくく、小腸まで届き、腸内細菌を活性化させ、便秘改善、血中コレステロールや中性脂肪の減少、血糖値の急上昇を抑制する効果も期待されているものらしいですよ。

スーパー大麦「バーリーマックス」を買ってみた!

スーパー大麦「バーリーマックス」製品写真

と言う事で、「バーリーマックス」を買ってみました。

これをお米に混ぜたりして食べると、豊富な食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれたりしてくれるらしい。

さらに、レジスタントスターチが腸の奥まで届き、お通じもよくなって一石二鳥??

便秘気味の私にはとてもありがたいです。

「バーリーマックス」は、あまり普通のスーパーでは扱っていないので、近所にその手のお店がなければ、通販で購入となります。

「バーリーマックス」は、色々な会社から出ていますね。

ついでに、フレーク型のグラノーラも買ってみました。

スーパー大麦グラノーラの写真
朝食に最適なんですが、私今、朝食摂ってないのでちょっと失敗・・

フレーク型なので、このままでも食べられます。

私はちょっと甘味がついていてドライフルーツも入っているやつを買ったのですが、甘味がついていないものもあり、そちらの方はスープに入れたりオートミールのようにも使えるので、お好みで使い分ける事ができます。

バーリーマックスフレークとヨーグルトの写真

そのままヨーグルトなどをかけて食べたい人は、ドライフルーツが入っていて甘いものが、簡単でおススメ。

オートミール代わりに使いたい人は、甘味の無いものが適しています。

味は、そのまま固めのグラノーラ。

クセなどはありません。

普通に美味しく食べられます。

デモ、チョット・・・カタイ・・。

お弁当用に「バーリーマックス」を炊いて、小分け冷凍

バーリーマックスを袋から出した写真

「バーリーマックス」を袋から出すとこんな感じです。

もみ殻がついているような色ですが、このまま炊けます。

炊けた後の食感は、ちょっと皮を感じるくらいなので、大丈夫ですよ。

一般的にはお米1合に大さじ2杯くらいを加えて炊くのですが、結構固いので、食感が気になる人は、炊く前に一度茹でるとプリプリとして美味しくなるらしいです。

但し、レジスタントスターチ等は水溶性なので、下茹でするとゆで汁に食物繊維が溶け出しちゃうと思うんですよね。

なので、わたしはそのままで。

お米と混ぜると書きましたが、私は自分用のものは白米は使用せず、もち麦とバーリーマックス半々くらいで炊いています。

ご家族が白米信者で受け入れてもらえない場合、バーリーマックスだけ別に炊いたり蒸したりし、小分け冷凍しておけば、後から自分の分だけに添加する事も可能。

こういうダイエットって、家族の理解がないと上手くいかないの悲しいです・・。

バーリーマックスを炊いた写真

炊けるとこんな感じ。

玄米を炊いたことありますか??

バーリーマックスを加えると、炊いている時に、玄米を炊いているようなニオイがします。

このニオイがダメな人は、結構いるかも・・。

家族にも評判悪いので、私は自分用に別に炊いて、小分けにして冷凍しています。

メタボの夫には、白米も混ぜてあげていますが、もち麦とバーリーマックスもしっかり入れて、有無を言わさず食べさせています。(子供が独立していてよかった・・)

バーリーマックスともち麦80gの写真
バーリーマックスを小分け冷凍した写真

ダイエット中なので、だいたい一食80~100gくらいにしています。

もち麦やバーリーマックスといえど、たくさん食べたら太るのです。

これを、自然解凍してそのまま食べたり、具沢山スープに加えてお弁当にしています。
(夜は、夫と一緒の白米入りを食べたり、穀物は摂らなかったり、マイクロダイエットだったりです)

何故自然解凍で温めないのかと言うと、レジスタントスターチは、冷えると倍増し、温めると壊れてしまうという特性があるからです。

なので、レンジなどをかけずに冷たいままいただきます。

スープに入れるのも、後入れです。

バーリーマックスはプチプチとしていて、多少の皮を感じます

さて、「バーリーマックス」の味ですが、私には普通に美味しい穀物です。

粘りが少ないので、多少ぼそぼそしていて固く、プアな感じはします。

おにぎりにするのは厳しいです。

炊くときのニオイや、皮っぽい食感が、帰省した娘と息子には大変不評でした・・。

実際、バーリーマックスは、炊けるときに、白米とは全く違う臭いがします。

食感は、わずかに皮を感じ、かみ砕くと皮から粉の塊が出るような感じで、もち麦のようなプチプチ感とはまた違う食感です。

プチプチと言うよりは、豆の食感に近いです。

この食感を愛せるかどうかは、お好み次第。

普通に美味しいけれど、外食などで白米オンリーを食べると『やっぱり白米ってすごく美味しいんだな』とは、正直に感じます。

バーリーマックスだけで食べると、不思議と柑橘のような香りと味がするのですが、冷えるとその味は消えていきます。

玄米が好きでない方は、苦手な味と食感かもしれませんね。

今回は炊飯器で炊いたけれど、圧力鍋だともっと美味しく炊けるかも??

でも、食事を減らして便秘気味だった腸内には革命が起きたようで、即効果がありました。

ダイエットすると、摂取する水分や食べ物が減ってしまうので、便秘になりやすいんですよね。

バーリーマックスは、腸活やダイエットに効果があるとはいえ、炭水化物です。

なので、やっぱり食べ過ぎたら太ると思うし、「これで痩せた!」というものではなく、食べれば食べるほど痩せる訳もありません。

ですから、免罪符のような頼り方はおススメできませんが、便秘に悩んでいる人は、試してみるといいかもしれません。

値段が高いのが難点ですが、私は既に3袋リピートしてます。

と言う事で、今日は、私の愛用中の「バーリーマックス」の紹介と食レポでした。

色々なダイエットが流行っていますが、どれを見ても個人的には健康と引き換えで栄養が偏っていたりするものが多いので、こういったものを取り入れて、栄養のあるおかずと共に、長期的な目で健康的にダイエットしていくのがいいと、私は思いますよ。

それではまた。

「目指せマイナス10キロまで、あと5キロ!