崎陽軒本店行き方と、アフタヌーンティーレビュー・・、味が濃い・・。

崎陽軒本店行き方と、アフタヌーンティーレビュー・・、味が濃い・・。

2,051views

🔸🔸

このブログには、広告が含まれることがあります

焼売で有名な崎陽軒。

横浜にある本店には「アボリータム」というクラシカルなレストランがあり、サンドウィッチやデザートなどを頂くことができます。

SNSなどで話題になっていた、「崎陽軒のアフタヌーンティー」。

張り切って予約を入れて行ってきたので、レポートします!

崎陽軒本店「アボリータム」の最寄り駅は横浜駅

崎陽軒のレストラン「アボリータム」は、横浜駅の東口あります。

今や迷宮と化してしまって、未だ工事の終らぬ横浜駅ですが、東口の通路は、昔の面影を残しています。

横浜駅の出口には、「東の南」みたいな出口が沢山あるのですが、まずは正統派「中央通路」の東口の地下道へ行きましょう。

東口の中央通路を「そごう」方面へ歩いて行くと、「ルミネ」があります。

「ルミネ」を過ぎたあたりに、一旦地下通路が途切れる形で、地上に上がる階段やエスカレーターが見えてきます。

横浜駅東口地上の写真
上がった場所から見るとこんな感じ

ここの出口から崎陽軒は目と鼻の先なのですが、近くに何があるのか見てみましょう。

横浜駅からそごう方面へ歩き、地上に出たら、右側に大きな郵便局があります。「横浜中央郵便局」です。

道路を挟んで郵便局のお向かいに、崎陽軒は建っています。

崎陽軒本店の写真
崎陽軒本店は、こんなビルですよ。

崎陽軒到着、店内は、昭和レトロで趣味のいい調度品

「アボリータム」の店内は、クラシカルでちょっぴりレトロ。

古き良き洋風の調度品が素敵ですね。

絨毯にも柄があって、重厚さを感じます。

店内は広く、地下街の喧騒とは離れて、昭和レトロな時間を過ごせます。

プレミアムアフタヌーンティーメニューの写真
本日のお品書き

崎陽軒本店のアフタヌーンティーは、通常のアフタヌーンティーと、プレミアムの2種類。

通常のものは1日40セット限定で1,600円(税込)。

プレミアムは、数量限定で2,200円(税込)です。

アフタヌーンティーなので、お茶かドリンクはついてくるのですが、1杯のみ。

挿し湯はお願いできるけれど 、お替りは出来ません。

アフタヌーンティーと言えば、お代わりし放題のお茶が醍醐味なのに、残念です。

ただ、ホテルのアフタヌーンティーの価格帯が5,000円後半から10,000円なことを考えると、妥当というべきか・・。

う〜ん、でも、お茶くらいは飲み放題にして欲しいよね・・。

崎陽軒のプレミアムアフタヌーンティーきました。

崎陽軒本店プレミアムアフタヌーンティーケーキムアフタヌーンティーケーキスタンドの写真

ティースタンドきました。

おお・・、ボリューミーな感じです。

二人でひとつのスタンドを使うようですね。

一番下のお皿

一番下のお皿は、ハムと卵とチーズのサンドイッチに、スコーンとデニッシュ。

2番目のお皿は、マサラカレーのグラタンとスープ。

それから点心。

崎陽軒アフタヌーンティーの写真

一番上はスイーツです。

ちょうどお昼ご飯の時間だったし、お昼食べていないので、サンドイッチが嬉しい。

「いただきま~す!」

・・・、サンドイッチ、しょっぱいです・・。

スコーン、結構甘いです・・。

デニッシュ・・、甘いです。

全体的に味が濃い目で、ボリューミー。

この先デザートがあるのに、スコーンがこんなに甘くて大丈夫かなぁ・・。

ていうか、これって、スコーンじゃないよね・・。

スコーンというより、カップケーキとかマフィンとか、そういう感じです。

甘くてケーキのようなので、クロテッドクリームをつける気にならない・・。

マサラカレーグラタン。

お肉がゴロッと入っていて美味しいです。

思ったより辛みも強くてスパイシーで、大人の辛さ。

点心。

アフタヌーンティーのスタンドに点心とは、さすが崎陽軒。

ピンク色が可愛い。

でも、中身はよくわからないものでした。

マッシュポテトのような、魚のすり身のような・・・、味は・・、今ひとつ。

デザート。

抹茶オペラやパンナコッタなどなど。

写真を見るだけでも、若干ヘビーなのがお分かりいただけるだろうか。

キャラメルマロンケーキ

崎陽軒プレミアムアフタヌーンティー感想

崎陽軒のプレミアムアフタヌーンティー。

2,200円という破格のお値段で品数豊富。

・・、なんだけど、全体的にずっしりと重く、デザートも重い。

味付けもかなり濃く、パンチがあるので、マサラカレーの時点で私達には既に危険信号。

パンナコッタはお口直しにちょうどよかったけれど、ケーキは甘い。

抹茶オペラはチョコレートと小豆でどっしりとしているし、ちょっと飽きる。

キャラメルマロンケーキも軽そうに見えて、最早味の違いが分からない位この時点では重くて甘いケーキとなってしまっています。

とどめはパウンドケーキ。

これに、クッキーやチョコがついてきて、お茶のお替りができないのは辛すぎます。

なんか、「美味しいものをちょこっとづつ」ではないんですよね、残念ながら。

これだけついてきて2200円!

とも書けるんですが、全部食べることがこんなに苦行になるとは思いませんでした。

結局、食べきれず残してしまった・・。

甘いものはひたすら甘く、しょっぱいもの舌にビリビリとしょっぱく、辛い物は辛く。

味にメリハリというよりは、重くて飽きてしまう感じで、残念ながら、今回星はつかない感じになってしまいました。

インターネットではこぞって評価の高いレビュー記事が並んでいたので、期待していたのにな・・。

残念です。

ただ、横浜の崎陽軒は素敵な佇まいだし、焼売はおいしい。

軽食は美味しいかもしれないので、気になる人はトライしてみてください。

アフタヌーンティーは、予約必須ですよ。

それではまた。

崎陽軒本店レストラン「アボリータム」リンク