【横浜でゆっくり】横浜ベイホテル東急でアフタヌーンティー

【横浜でゆっくり】横浜ベイホテル東急でアフタヌーンティー

632views

🔸🔸

このブログには、広告が含まれることがあります

こんにちは。

今日は、横浜のみなとみらいにある「横浜ベイホテル東急」で優雅にアフタヌーンティーを楽しんできたので、リポートします。

窓が大きくて、明るくゆったりしているラウンジは、少人数でのお茶に最適ですよ。

このホテルでは昔(パンパシフィックだった頃)、友人が結婚式を挙げたんです。

お食事は「クイーンアリス」のフレンチが出て、すっごく美味しかった事を覚えています。

横浜ベイホテル東急の場所とロケーション

今日向かう「横浜ベイホテル東急」は、みなとみらい線「みなとみらい駅」に直結しています。

改札を出たら案内板に「横浜ベイホテル東急」の名前が出ているので、まっすぐ進めば右側にホテルです。

ただ、地下からの入り口は少し狭く、見落としがちなのでご注意を。

横浜ベイホテル東急写真

アフタヌーンティーができる「ソマーハウス」は2階。

ホテルロビーも2階にあります。

地下鉄から入ったら、エスカレーターを上がりましょう。

すると、開けた視界にカラフルな装飾が、お客様を出迎えてくれます。

ラウンジは、エスカレーターを上がってすぐ右側です。

広くて明るいラウンジは、殆どがゆったり落ち着いたソファー席。

なるべく外が見えるように、ホテルの曲線に沿って細長いフロアーになっています。

席が窓側でなくっても、レイアウトはせいぜい2列までで、雑然とした感じはありません。

また、このソファーの固さや高さと言い、ひじ掛けの高さと言い、クッションのデザインといい、 とても座り心地がよく落ち着きます

ソファーのラウンジやカフェって、椅子の高さとテーブルが合っていない所も多く、ティーカップが手に取りづらかったり、ケーキが食べにくかったりという事もありますが、ここは全くそんな事はなく、使い勝手がいいというか、しっかり計算されている感じです。

特にお願いしていたわけではありませんが、席が窓側に用意されていました。

ラッキー。

見える景色は、みなとみらいのシンボル「コスモクロック21」

窓からすぐの所はバルコニーですが、その下にはコスモワールドのアトラクションが見えます。

夕方になると、ライトアップやイルミネーションで、とてもロマンチックに。

アフタヌーンティーセットがきました

今日は一休レストラン予約でアフタヌーンティーを予約してあります。

空席状況や説明、メニューを見ながらネットから予約できるので、とても重宝しています。

女子会特集やアフタヌーンティー特集、夜景のきれいなレストラン特集があったり、タイムセールで安くなっている事もあるので、何かと利用しています。

今日のプランは、一人3,600円(税金・サービス料込)のセット(2023年に再調査したところ、5,800円に値上がりしていました・・)。

アフタヌーンティーといえば、お茶ですが、種類は割と豊富。

フレーバドティーやノンカフェイン、ハーブティーも選べます。

3,600円のセットの場合、お茶の種類の変更はできませんが、お替りは可能。

お茶がなくなると従業員さんが絶妙のタイミングでお替りを持ってきてくれます。

ティーの途中でお茶の種類を変える事の出来る、フリーフローのセットは4,200円。

グラスシャンパンがつくセットは5,000円です。

私のチョイスは、アイスティー。

ちょっと歩いて暑くなったので、「アイスオーガニックジンジャーピーチ」という、ちょっとだけジンジャーの入っているフレーバードティーです。

娘は「キャラメル」というフレーバードティー。

カップが美しいです〜〜・・。

お茶はポットではなく、一杯一杯サーブしていただけます。

因みに手前は、スコーンにつけるジャム(ラズベリーとストロベリー)とクロテッドクリーム。

ラズベリージャム大好きなので嬉しい。

少し待って、ティーセットが到着。

彩り鮮やか!!

1人に1セット用意されるティースタンドで、贅沢感アップです。

一番下のお皿。

ミニサンドイッチと、キッシュ、ミニバーガーに野菜のマリネ、ハッシュドポテト。

一口サイズなのに、それぞれしっかりと味付けされて美味しいです。

野菜のマリネは、カリフラワーにニンジン、さつまいもですが、さつまいもがレモン煮のようで、甘さと僅かな酸味が絶妙にマッチ。

サンドイッチも去ることながら、野菜のマリネは甘酸っぱくていいアクセント♪

2段目のお皿は、アフタヌーンティーには欠かせないスコーン。

それと、果物。

果物が載っているのは、珍しいかな??

瑞々しくていいですね。

お口直しにぴったりです。

スコーンはサクッとしているのにしっとり。

ジャムやクリームをつけて頂きますが、そのままでもすごく美味しいです。

パサパサもしていないし、ベーキングパウダーの苦みも一切ありません。

スコーン、たまに苦いとがっかりしますよね・・。

しかし、この辺で少し冷えてきた私は『やっぱり紅茶はホットに限るな・・、ホットが飲みたいな・・。』と、ちょっと後悔する・・。

アフタヌーンティーの醍醐味、数種のスイーツ

アフタヌーンティー。

スコーンやサンドイッチも美味しいけれど、やはりお楽しみは一番上のお皿です。

ケーキやマカロンが載っている。

どれから食べよう。

横浜ベイホテル東急アフタヌーンティースイーツの写真

チョコケーキにムース、メレンゲにマカロン、それから、グラスに入っているのはイチジクのコンポート(だったかな??)です。

イチジクはちょっとお酒とスパイスが効いた大人の味で、クリームの甘さも控えめ。

スパイスの風味は好き嫌いが分かれそうですね。

マカロンは外側のごく薄い部分だけカリっとしていて、中はしっとり。

間に挟んだクリームはキャラメルのように粘り気があるのに、歯にキーンとくるような甘さではなく、もっと食べたくなるような上品な味。

チョコレートのケーキは、中はムース。

チョコレートに合うフルーティーな味です。

クッキーも美味しく、ここでやっぱり、『紅茶はホットにするべきだった・・。』と、再度後悔・・。

ソファ席でゆったりくつろげる横浜ベイホテル東急はおススメ

アフタヌーンティー、とってもおいしく頂きました。

私達はお茶の種類は変えられないセットにしましたが、向かいのカップルはフリーフローで、色々試していたようです。

ちょっとうらやましい。

※2023年に確認したところ、ドリンクは全てフリーフローになったようです。

横浜ベイホテル東急のラウンジは落ち着いていて、ソファーとテーブルのバランスがとてもいいので、ゆっくりお茶を楽しむことができます。

アフタヌーンティーセットは色々な味のものを少しづつ頂くことができるので、とても優雅で豊かな気持ちになります。

結構おなかも一杯になっちゃうので、ランチでもいいかもしれません。

見た目の派手さから、男性受けはイマイチかなというイメージでしたが、お向かいのカップルは、男性も凄く喜んでいる様でした。

アフタヌーンティーは、今やホテルやレストラン、色々な所で楽しむことができます。

一つ一つ調べるのもいいですが、一休のサイトを使えば値段や写真で比べてみたり、口コミを見たり、シチュエーションで絞れたりととても便利です。

ちょっといいレストランを探したい時はとても重宝するので、一度サイトを訪問してみてくださいね。

それではまた。

【アフタヌーンティー予約なら】レストラン予約一休.com