グランドハイアット東京アフタヌーンティーブッフェへ行ってきました

グランドハイアット東京アフタヌーンティーブッフェへ行ってきました

126views

🔸🔸

このブログには、広告が含まれることがあります

今日は、2023年のゴールデンウィークに行った、「グランドハイアット東京」の、季節のアフタヌーンティブッフェ「Love on Voyage」を、写真付きでご紹介します。

東京・・、と言っても、場所は六本木。

六本木ヒルズの一角に、ホテルがあります。

グランドハイアット東京。そのデザインは、スタイリッシュで六本木らしさを最優先させている

グランドハイアット東京玄関写真

六本木からちょっと歩いてグランドハイアット到着。

ここは、六本木ヒルズの一角だそうな。

外装も内装もスタイリッシュでモダン。

ていうか、ドライ。

接客もドライ(接客自体は悪くないですが)。

ロビーは天井も高くてゆったりしているんだけど、一面スノッブな感じがたまりませんな。

選べる茶葉は、ロサンジェルス発のオーガニックティーブランド「ART OF TEA」

グランドハイアット東京カフェの写真

さて、お席に案内されて、アフタヌーンティーブッフェの開始です。

テラスでは、昼下がりにビールを嗜むサラリーマンやマダムがとってもいい雰囲気です。

本日は、開業20周年を記念して、「Love on Voyage」というテーマでアフタヌーンティーが開催されています(2023年6月11日まで。以降は季節のアフタヌーンティーブッフェとなります)。

ティーは、「ART OF TEA」から一つ選んで飲み放題。

そのほか、フリーフローでアイスコーヒやアイスティーも飲み放題です。

まずは、ロサンゼルス発のオーガニックティーブランド「ART OF TEA」から1種類を選びます。

重厚なボックスを目の前でパカっと開けられて、高級感にテンション上がります。

しかし、仰々しく持ってきた割には、結構アメリカンなフレーバードだった・・。

茶葉のアップ
正直言って、茶葉の味とかあんまりしない。分量ケチってるのか??

ブッフェは、セイボリーやスイーツが食べ放題です

おしゃれなオープンキッチンです

こちらの写真は、ブッフェ。

軽くつまめるセイボリーから、スコーンや甘いスイーツまで食べ放題。

但し、種類は多くありません。

アフタヌーンティーの3段スタンドで出される、ケーキやサンドイッチの分だけの種類が食べ放題と思っていただくと、イメージできるかなと思います。

まずは、セイボリー。

と、やっぱりスイーツも一緒に持ってきちゃった。

キッシュ大好き!

美味しい〜!!

けど、キッシュはカロリー高いので、泣く泣く2つで我慢した。

ジュレがきらきらして、とても綺麗です。

お昼を食べていないので、セイボリーばっかり食べちゃったけど、トルティーヤみたいなのと、スモークサーモンのブリニが美味しかった〜。

どちらかと言うと、ビールが欲しくなるセイボリーでした。

第二弾。

スコーンとフレンチトースト。

炭水化物爆弾。

フレンチトーストはあまり好きじゃ無いので、娘が食べました。

プレーンスコーンは普通に美味しかったけど、いちごのスコーンがめちゃうま。

いちごのスコーンがめちゃくちゃ美味しかった!

グランドハイアットのアフタヌーンティーブッフェは、星・・、2つかな・・

フリーフローのアイスティー。ダージリンだそうだけど・・

そんな訳で、グランドハイアットのアフタヌーンティーブッフェを楽しんできましたが、前半のテンション高めのレビューに対し、個人的な点数を言うと、「星2つ」って感じでした。

なぜ、星が2つしか付かないのかというと、まず、お茶が美味しくなかったこと。

ART OF TEAに関しては、元々の茶葉がこんな味なのかはわかりませんが、茶葉の量とか淹れ方とか間違っているんじゃないの??というレベルでイマイチです。

それと、アイスティーを途中で頼んだのですが、全然ダージリンの味がしない。

どころか、紅茶の味もしません。

まるで色水。

メニューにはちゃんとダージリンって書いてあるのに。

仮にも「アフタヌーンティー」と名がついているのにあり得ないレベルで、紅茶が美味しく無いとか致命的。

ここって、結構ハイクラスのホテルだよね??

それと、ギャルソン達が一々気が利かないということもありますね。

ちょっとした所だと、お茶が切れたら呼ばなくてもすぐにお代わりを聞いてくれるのに、呼ばないとギャルソン来ないし、客席から見えるところにギャルソンがいないし、呼んでも来ない・・っていうか、時間がかかる。

しかも、大して混雑もしていない(というか、空いていた)のに、スコーンのジャムやクロテッドクリームが切れているのにも気づかず、補充に時間がかかるとか、セイボリーのブッフェ皿が空っぽなのに気づかないとか。

・・サボりがち??っていうの?これ。

どことは書かないけれど、この間行った某日本資本のホテルとは、サービスもホスピタリティも大違い。

そして、今回の目玉(?)。

賞を獲ったというスイーツ3種。

これが、かなり味にパンチがあって、甘い。

甘いものはひたすら甘く、固いものはひたすら固い。

ケーキに関しては、賞を獲ったものよりベーシックなショートケーキの方が美味しかった。

まぁ、スイーツに関しては好みが分かれるし、甘さ控えめに評価が上がるのって日本の特性だと思うから、THE・日本人で酒飲みの私の口には合わなかっただけで世界的にはあれがスタンダードで美味なのかもしれないですね。

だから、スイーツに関しては本当に個人の舌の違いとしか言えませんが、ちょっと日本人向けではないなという感じです。

で、ホテルって、そのサービスも含めての価値にお金を払うと思っている私なので、次もまた来たいかと問われれば、「もう2度と行かないかな?」と答えると思います。

アフタヌーンティーは好きだけど、同じ金額でもっとホスピタリティが高い所はたくさんあるし、美味しくて種類も豊富なブッフェを楽しめたりもできますから、わざわざここに来る意味はありませんよね・・?

と言うわけで、いくら払ったのかというと、一人7,590円(土日祝日料金)。

平日だと、5,940円。

GWの最中なのに結構空いていたのは、同じ感想を抱いている人が多いのかな??と、邪推してしまいました。

今日は辛口レビューでしたが、興味のある人は行って確かめてみてくださいね。

それではまた。