【夫のニオイに悩んだら】夫があまり臭わなくなった理由??

【夫のニオイに悩んだら】夫があまり臭わなくなった理由??

36views

夫のニオイが年々きつくなってきて、困っている世の奥様方。

我が家の夫も、ここ数年で加齢臭の加速が止まりませんでした。

ところが最近、昔ほど夫が臭わなくなったことに気づきました。

歯周病などでキッチリ歯科医に通っている効果もあると思いますが、色々考えてみた結果、いくつか理由付けができたので、記事にしています。

今日の記事は、効果を必ず保証できるものではありません。

今までの生活などを鑑みて、『こういう事なのかな』と結論付けたに過ぎません。

なので、医学的な根拠などはありませんが、私なりにスッキリできる結論が出たので、是非読んでみて下さい。

夫のニオイには波がある??

夫は元々そんなにおしゃれじゃないし、最低限の身だしなみしか気にしない人。

TPOはわきまえてるけど、要するに、「お洒落な人」じゃないんですよね。

そんな夫。

決して不潔じゃないのですが、気を遣っていないとやっぱりクサイ。

ある程度の年齢なんだから、誰も注意してくれないし、陰で「臭い」と言われるだけだよ!

気を付けないと!!

と、心を鬼にして忠告し続けた所、シャンプーに気遣うようになり、耳の裏や首の後ろ、足の裏などもちゃんと洗うようになりました。

でも、多少はましになったとはいえ、こんなの焼け石に水。

この、夫のニオイ、日によって強さの波がある事に気づきました。

その原因とは・・・。

ニオイの強さは、ストレス度や食生活が原因の可能性が非常に高い

さて、夫のニオイのバイオリズム、一体何だったのでしょう??

余談ですが、私は、根本的なケアをしていなければ、いわゆる「マスキング効果」は期待できないし、元のニオイと混ざって逆効果だと思っています。

というか、実際に経験済み。

だから、デオドラント製品の効果ではありません。

夫がクサイ時・・、それは・・「ストレスが溜まっている時」

それから・・、「飲み会が続いた時」

「単身赴任をしていた時」

夫がストレスを感じている期間が継続してくるとニオイがきつくなる。

これは、数年前から気づいていました。

同じものを食べているのに、日によってニオイの強さが違うのは、ストレス以外に考えられません。

実際、ストレスを感じていると、普段分泌されない物質が分泌されるようですし、内臓を始めとした、心身の機能が低下する事は、よく知られています。

実は、このブログの記事にも書いたのですが、夫はついこの間まで、単身赴任をしていました。

その間の食事と言ったら、毎日スーパーのお惣菜を食べていた模様です。

しかも、単身赴任という環境や転勤したてという状況が相まって、「飲み会」が異常に多かったのです。

もうね、週の半分は飲み会。

その2年間、かえって来るたびクサくって『一体何なんだろう??ストレス強すぎか??』とか思っていたのですが、単身赴任を終えて早2か月、コロナが流行り始めて6カ月。

ある仮説が私に浮かび上がりました。

宴会の写真

加齢臭らしきものやおっさん臭は以前からあったけど、単身赴任中臭いがきつかったのは、多分きっと、こんな理由・・。

夫のニオイを絶つために食生活を改善!!思わぬところででた、コロナの効用??!

 

★ 夫のニオイの元を仮定

 

1、単身赴任中の食生活。

 

身体が酸化しやすいスーパーのお惣菜やインスタントラーメンが主体で、煮物やサラダなどの野菜類は殆どなし。

転勤先の自治体のゴミ袋が高いという理由で持ち帰ってきた、プラゴミのゴミ袋の中身から、食生活を把握。

 

2、 頻繁な飲み会。

 

食生活の中に、お酒とたばこがプラスされるとニオイは倍増します。

単身中で食生活が荒れているうえ、高カロリー高脂肪な飲み会メニューは身体にダメージを与えまくりです。

お酒にあう食事って、高脂肪で高塩分。

ニンニク等を使用したものも多いですよね。

 

また、お酒の機会が多かったり、酸化しやすいものばかり食べていると、歯茎の調子も悪くなり、歯槽膿漏が進んだり、腐ったような臭いの血が出るようになったりします。

夫のニオイが酷くなったのは、きっとこんな所で、多分お医者さんに聞いても同意してくれるような気がします。

やっぱり、内臓が疲れていたり身体が酸化していれば、いつもは臭わない人でも、気になるニオイが出てきますからね。

でもある日、夫のニオイがそれほどでもなくなっていたことに、私は気づきました。

単身から戻り、食生活は改善。

行きそびれていた歯科治療も再開し、きっちり通うようになった。

特に食生活を頑張ったわけではありませんが、単身中の夫の食生活に比べれば、生野菜や炒め物、煮物やキノコの数が数十倍。

私自身のダイエットやエイジングに付き合う形で、野菜の摂取量が格段に増えたのです。

サラダの写真

また、年明けから続くコロナ禍の影響で、新年会から歓送迎会はすべて中止。

色々な立場もあり、仲間同士の飲み会もゼロになり、深酒をしたり深夜まで飲んでいることが無くなったのです。

必然、お酒の席で喜ばれる、高カロリーで高脂肪な食事の回数も激減。

自宅で嗜むお酒やおつまみなんて、可愛いものです。

単身中の食生活を取り戻すべく、毎日の食卓に多めの野菜を取り入れてはいましたが、まさか飲み会の激減が、ここまで効果があるとは思いませんでした。

きっと食生活やお酒は、思った以上に体に影響を与えているんだと思います。

その他にも、単身赴任から帰ってきたことで、再び近所の銭湯に通いだし、サウナで汗を出す機会が増えたのも理由のひとつかもしれません。

全く、コロナ禍の影響が、こんな形で出るとは思いませんでした。

歯周病の治療にキッチリ行けるようになったことも大きいですが、お酒や食べるものが人間に与える影響は、思いのほか大きいようです。

飲み会が全くなくなるもの寂しいものですが、今後は、自愛しながら年を取って欲しいものですね。

臭いって、誰も教えてくれないから。

男のニオイ対策に、プラスワンの効果を

それにしても、最近の30代後半位までの男性は、清潔感のある人が多いです。

スーツもオシャレだしピシッとしている田中圭みたいな子が多いです(言い過ぎか・・)。

人知れずケアをしていたり、お手入れをしっかりしているみたい。

かくいう我が家の20歳息子も、化粧水だの脱毛だのと、17歳位の頃から気を遣っています。

きっともう、文化が違うんでしょうね。

夫もちゃんと見習ってよ!!

という事で、先にも書きましたが、夫は最近定期的なマウスウォッシュや、念入りなケアで、昔ほどは臭わなくなりました。

抗酸化作用のある食べ物などもいいようです。

加齢臭は誰にでもあるし、避けられないもの。

ケアや治療をしなければダメなものもあります。

だけど、食べ物やケア用品、意識の違いでかなり軽減できることが分かりました。

ニオイのケア用品は、プラスワンの対策として習慣にするといいと思います。

気が付いたらやるのではなく、習慣にしないと継続的な効果が期待できません。

以下は、歯周病向けのマウスウォッシュや、臭い対策のボディーソープなど。

ニオイに悩んでいる人は、食生活の改善と共に、試してみるのもいいと思います。

夫には効果があったので。

マウスウォッシュでは珍しい、歯周病向け。 ある程度の年齢なら、気になりますよね・・。

 

ひとつ上のデオドラントクリーム。
脇や首、耳の裏などの気になる所に・・。

 

ボディソープとデオドラントクリーム、サプリの3点セット。
トータルでケアしたい方に・・。

 

デオシーク

それではまた。