ベッドスパには椿油もオススメ!

ベッドスパには椿油もオススメ!

44views

こんにちは。

頭皮のオイルクレンジングにすっかりハマっているかたせうみです。

基本、頭皮をオイルクレンジングする時は、メルヴィータのインディゴオイルという専用品か、食用オリーブオイルなどを使用していますが、先日友人に勧められた椿油が、リーズナブルでとで良かったので紹介します。

頭皮をオイルクレンジングすると、頭皮に負担をかけずに汚れが落ちて、とても気持ちがいいものです。

ただ、脂はやっぱり何でもいいわけじゃなくて、頭皮に栄養を与えてくれたり、髪の毛の仕上がりを良くしてくれるものでないと、あまり効果がない様な気がします。

後で、油臭くなったりするのも嫌ですよね。

で、椿油は酸化されにくく、昔からお肌や髪のお手入れに使われていたものですが、クラッシックすぎて盲点でした。

所が、使ってみたら、あらビックリ。

油臭く無いし、髪の仕上がりもいい。

昔からあるものを、バカにしてはダメですね。

お値段もひと瓶千円位。

手軽なものからお高いものもあり、そこはやっぱり搾り方とか品質の違いだと思うのですが、初めて買うなら、取り敢えずは、ドラッグストアのものでもいいかと思います。

家計の負担も少ないので、初めてのオイルクレンジングに是非試してみてください。

椿油は、ガラス瓶に入ってこんな感じ

大島椿油の箱と商品の写真

大島椿の椿油は、こんな感じで、ドラッグストアやスーパーのヘアケアコーナー等に置いてあります。

見たことある人は多いんじゃ無いかな?

椿の種から採れる、100%純粋な植物油なので、スキンケアやクレンジングにも使えます。

お料理にも使えるみたいですが、椿油100%とはいえ、ヘアケア用はお料理に使うのはやめた方がいいかもしれませんね。

椿油の瓶を手に持っている写真

香りはほぼ無臭。

油臭さや、酸化した様な臭いはなし。

薄い黄金色がとても綺麗。

容器もちゃんとガラス瓶です。

大島椿パッケージの写真

油は、外の光で酸化してしまったり、油の成分でプラスチックの容器の成分を溶かしこんでしまったりするので、食用でもヘアケア用でも、変質しないガラス瓶のものを使う方が健康にも美容にもいいと聞きました。

お化粧落としにも使ってみたけど、ミネラルオイルなどの様にサラサラとはしていなくて、どちらかと言うと、硬めで伸びは良くないです。

オリーブオイルみたいな感じなのですが、ピュアな植物油って、どれもそんな感じなのかもしれないですね。

うーん、摩擦係数は高め。

椿油注ぎ口の写真

注ぎ口はこの様になっており、一度にドバドバ出ないようになっています。

口を頭皮に直接あてるのは、衛生上あまり良くない気もするんですが、私はこの口を直接頭皮にあてて、育毛剤の様に、数カ所にポンポンと油を出して、ゆっくりマッサージしています。

手のひらに出してもいいのですが、そうすると、ロングの方などはオイルがちゃんとして頭皮まで届かないです。

オイルクレンジングは、マッサージが命なので、生え際から中央と、じっくりゆっくり、満遍なくマッサージすると、頭皮が生き返ったようになりますよ。

ああ、ホントはプロにマッサージしてもらいたい・・。

椿油は、髪の毛を乾かす時や、スタイリング等にも使えるのがいいですね。

しかも、本当に油臭くない!

但し、スタイリング時には、使いすぎると結構ベタついちゃうので、加減してみて下さい。

髪の表面より、内側から先につけていくと、纏まりやすいですよ。

今日は、昔からある椿油が、頭皮のオイルクレンジングにとても良かったので、ご紹介しましたが、一般的なクレンジングオイルに比べて粘度が高く、油が多い感じがするので、すすぐときは、気持ち丁寧に流してスッキリしてくださいね。

それではまた。

1000円のものでもとても良かったので、高いものはもっといいのかもしれない・・。