フィットネス中に本が「聴ける!」アマゾンオーディオブック

【ソムレスタ】高反発マットレスレビュー!「雲の上で寝ているみたい」とはこんな事。

マットレスのCMでは、雲の上で寝ているみたいと言うけれど

こんにちは。

今日は、国内製品の高反発マットレス『SOMRESTA(ソムレスタ)』を購入したのでレビューします。

よく、マットレスの宣伝文句で『雲の上で寝ているみたい』というのがあります。

私は、フカフカで柔らかいマットレスの寝心地だとか、沈み込んでいく感覚がそういう気持ちにさせるのかと思っていました。

・・・が、違います。

しっかり身体を支えてくれて、沈み込みが少なく、正しい寝姿勢で休めるマットレスは、違和感がなかったり、楽だったりします。

これが、「雲の上で寝ている」という感覚になるのだという事が今回分かりました。

嘘だと思いますか??

質のいい高反発のマットレスで寝てみれば、その意味がよくわかりますよ。

高反発のマットレスで休んでみて、私は初めて『雲の上で寝ている』という宣伝文句の意味が分かりました。

質の良い睡眠を求め、高級寝具が流行中!

睡眠は質が重要と言われますが、睡眠不足や質の悪い睡眠が、生活に及ぼす影響は莫大です。

体力のリカバリーはもちろん、仕事のパフォーマンスや子供の成長にも大きく関係するため、ここ数年は深い眠りと心地よいめざめを求めて、上質な寝具を求める人も多くなりました。

かくいう私も寝具には結構なお金をかけています。

風水によると、良い寝具は、運気も上がるらしいですよ!

ところで、私が今使っているマットレスは、外国製の低反発。

すごく高かったです・・。

もう、清水から飛び降りるつもりで購入しましたが、柔らかくて身体を包み込む寝心地が気に入っています。

同様に、夫と子供も同じメーカーの和式マットレスなんですが、夫のものが老朽化してきました。

いくら高いものを購入しても、寝具は消耗品なので、寿命は長くても10年以内。

だいたい5~7年位で買い替えるのが良しとされています。

夫は体重が重い(デブ)ので、劣化も早いんですよね・・。

まだまだ健康に気を付けて頑張ってもらわなきゃいけないので、疲れが取れそうな寝具を選ばなければ・・。

で、ヘルニア持ちの夫には高反発とかいいかもしれないなという事で、選んだのが今回のマットレスです。

寝具を選べば、高いものは10万20万だし、安いものはそのまま健康寿命に直結しちゃう。

普段は節約してるけど、お金をかける所は選ばないと!!

だけど、『ソムレスタ』はシングルで3万円ちょっとと、比較的お手軽なお値段。

しかも狙っていた高反発。

口コミもそんなに悪くなかったので、買ってみました!

ついでに私が実際に1カ月寝てみて先に試しちゃいましたので、『ソムレスタってどうなのかな??』という人は参考にして下さいね。

体圧分散・高弾力性・耐久性、全て兼ね揃えた高反発マットレス【SOMRESTA】

SOMRESTA(ソムレスタ)到着!実物はこんな感じ

ソムレスタ(シングル)製品写真

ソムレスタ到着しました!

公式サイトから届くのですが、パッケージは真空になっていて意外とコンパクトなパッケージで届きます。

ソムレスタのマーク写真
『ソムレスタ』のタグがしっかりついてます。
ソムレスタパッケージの写真
ソムレスタはこれ位の箱に入って送られてきます。
ソムレスタを箱から出した時の写真

箱の中身は、マットレス本体と説明書。

それから、マットレスが収納できるバッグ式の袋がついてきます。

ソムレスタについてくる収納バッグの写真

部屋の中が映ってしまうのでカメラをひいて撮影できなかったんですが、ちゃんとマットレスが収納できるしっかりした袋がついてきます。

ありがたい。

ソムレスタのパッケージを開ける写真

『ソムレスタ』は、軽量化のために真空パックで到着するので、開封の儀。

ハサミで簡単に開けられます。

ソムレスタの弾力写真

パッケージに切り口を入れると空気が入り、みるみるマットレスが膨らみます。

こういうの、何回見ても面白いよね。

トッパー(既に持っている敷布団やマットレスの上に重ねて使用するもの)としても使用できますが、下に敷いているマットレスが柔らかすぎる場合は、高反発の性能を生かしきれない為、あまり使用を推奨されていません。

やっぱり、ソムレスタの下にはほかのマットレスなどは使用しない方がいいと思います。

ソムレスタのにあるジッパーの写真

『ソムレスタ』のキルティングカバーにはぐるっとジッパーが巡らせてあるので簡単に取り外せます。

ソムレスタのカバーを外した写真
べろんとカバーが外せます。

カバーは外せて丸洗い可能!

このキルティングカバーがまた厚手でふわっとしてとても気持ちいいんですよ。

実際にはこの上に更にカバーやシーツを使用するんですが、このふわふわ感、分かち合いたい・・。

ソムレスタを三つ折りに畳んだ写真

3枚マットレスじゃなく、1枚ものの構造なんですが、簡単に三つ折りにできるので、収納にも困りません。

ソムレスタシングルに寝転んだ写真

シングルのサイズ感はこんな感じ。

サイズは幅97cm×長さ195cm×厚さ10cm

シングルは一般的な幅97cm×長さ195cm×厚さ10cmですが、少し奮発してセミダブルを購入するのがおススメ。

やっぱり、スペースが少し広いとリラックスしてのびのび眠れます。

腰痛持ちの夫が虜になったSOMRESTA(ソムレスタ)の寝心地

『ソムレスタ』に実際に1カ月ほど寝てみましたが、思ったよりもすごくいいです。

低反発の沈み込む感じも捨てがたいけど、高反発のマットレスは明らかに低反発とは違います。

どちらも好きなんですが、何となく高反発の方が、朝、楽に目覚める事ができるような気がしています。

起き上がるのが楽というか、体を起こすのが苦にならないというか、不思議な感じ。

私は腰痛持ちとかではないので、『腰が楽』という感覚ではないのですが、夫(腰痛持ち、ちょっとデブ)は

夫

何このマットレス!!

今までと全然違うじゃん!弾力が違うよ!!

腰がラク!

と、大喜びです。

因みに、マットレスで横になってくれたモデルの息子(やせ型)は

どっちのマットレスも、今俺が一人暮らししている所で使っているものとは段違いだ・・。

俺にも買ってくれ・・・。

個人的には低反発が好き。

と言っていました・・。

息子・・、寝具にはお金を掛けろと言ったのに・・。

上質なものであれば、高反発・低反発は好みという感じですが、とにかく息子が今使っているマットレスとソムレスタや自宅にいた頃に寝ていたマットレスは、全く違うらしい。

私も実家に帰った時には体が痛いもんなぁ・・。

低反発・高反発はお好みですが、腰痛持ちの方や体格がいい方は、沈み込みが少なく体圧分散に優れている高反発のマットレスの方がおススメです。

低反発でも体圧分散されますが、体重が重めの場合、やはり沈み込みがネックになって腰に負担がかかるようです。

そういえば、私もソムレスタで寝ている時は抱き枕が要らなかったです。

寝具は、安いものは3000円位から。

高いものを選べばキリがないですが、『ソムレスタ』は比較的手が届きやすいお値段で、質のいいマットレスだと思います。

今後寝具をランクアップさせてみようかと思っているけど、お値段が・・・、という人にとてもおススメです。

睡眠の質は子供の成長にも関係します。

『今の寝具は合わないな』とか、『疲れが取れないのは、眠りのせいかな??』と思っている人は、思い切って寝具を変えてみるのもいいと思いますよ。

それではまた。

『ソムレスタ』公式サイトはこちら